宮澤聡のサイン収集列伝 9枚目

たまにではありますが、プロレス観戦を兼ねて一人旅に出かけることがあります。
自分の休みと、観たい大会が重なった時に、その機会が訪れるので、そんなに頻繁にはないですが、やはりいわゆる「遠征」は楽しいものです。
遠征する際、いつ何時、レスラーの方に遭遇するかは分からないので、必ず出場選手のトレーディングカードは荷物に忍ばせて遠征します。

以前、IGFの名古屋ガイシホール大会を観戦しに遠征した時のお話。
大会前日に新宿から深夜バスで名古屋に向かいました。
当日早朝に名古屋に到着しました。
名古屋のしっかりとしたモーニングを食べ、さぁ夜の大会まで観光だ!と思っても、時間はまだ朝8時頃。
やることないし、夏で暑いってこともあり、どこか涼しい場所はないか?と名古屋をフラフラと歩いていました。
ちょっとトイレにも行きたくもなり、近くにホテルがあったので、そこでトイレ借りつつ、ちょっと一時間くらいロビーで涼ませてもらうのもありだな!ということでホテルに入りました。
すると、なんか感じるのです。
長年、追っかけやってると嗅覚が備わるのですが、そのロビーにいる人たちの感じがどうも私と同類のような気がしたのです。
そして、ロビーをぐるっと一周して、ロビーの柱を曲がった瞬間に、ソファーに座るモンターニャ・シウバ選手が目に飛び込んできました。
突然モンターニャ・シウバ!!
あっ!IGFの選手が宿泊していらるホテルだ!!
とあまりに偶然に見つけました。

そうこうしているうちに、ロビーに陽気な雰囲気を醸し出した外国人が現れました。

レジェンド、ボブ・バックランド選手です!!

この大会に特別立ち会い人として来日していたバックランド選手。
まさか会えると思っていなかったので感動でした。
今でもダレン・ヤングのマネージャーとしてWWEのリングに登場しますが、バックランド選手はリングを降りてもあのまんまで、とっても陽気です。
サインも快く書いていただきましたし、

img_20161231_165733

写真を撮る際はこんな体勢に(笑)

img_20161231_165610
私が手に持っていたキャップをわざわざ被せてからのチキンウイングスリーパー(笑)
ファンとしては本当に嬉しかったです!

名古屋で偶然バックランド。
一生の思い出です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事