【新日本】ヒロム「覚悟しとけEVIL、俺は本気だぞ。IWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタル、俺がもらう。その対戦相手が貴様ということは俺は素直によろこぶことにするよ」

ヒロム「いつからだ~~~~!! いつからだ、EVIL~!! 悔しい~!! アァ~!! いつからだ!? いつから!? いつから考えていた!? アァ~! アァ~! アァ~! クソ~! クソ~~~!! いつからだ!? いつからだEVIL!? いつから考えてた!? ハハ…ハハ…アハハ…アハハ…アハハ…アハハ…アハハハハ! 俺が! LOS INGOBERNABLES de JAPONに入った理由、何度も言ったが、内藤哲也、EVILとやることだ。この2人と対戦するために、俺はロス・インゴを選んだんだ。どんな巡りあわせか…人生って! 何があるかわかんないから面白いよね~! …………覚悟しとけ、EVIL。俺は本気だぞ。IWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタル、俺がもらう。その対戦相手が貴様ということは、俺は素直によろこぶことにするよ。な~~~!! EVIL~~!? ウェルカム・トゥ・ザ・ヒロムちゃんワールド~~~! ハッハッハッハッハッ! ハッハッハッハッハッ!」

日時:2020年7月12日(日) 13:30開場 15:00開始
会場:大阪・大阪城ホール
観衆:3,898人

◆第7試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル ダブル選手権試合
<第70代IWGPヘビー級&第24代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>
内藤 哲也(※IWGPヘビー級王座は2度目の防衛戦 ※IWGPインターコンチネンタル王座は3度目の防衛戦)
vs
<チャレンジャー/NJC 2020優勝者>
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
38分01秒  EVIL→片エビ固め
※内藤が防衛に失敗。EVILがIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタル新チャンピオンとなる。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事