【東京女子】東京女子プロレスが半年ぶりの聖地・後楽園ホール凱旋!プリプリ王者・坂崎が後輩・ユキの奮闘を断ち切りV3!

東京女子プロレスが23日、東京・後楽園ホール大会を開催。メインイベントは団体最高峰のタイトル、プリンセス・オブ・プリンセス王座を王者の坂崎ユカ、挑戦者の愛野ユキが争った。

旗揚げメンバーとして山下実優らと団体をけん引してきた坂崎。その後輩として「ちゃんと育っている」姿を見せたかったユキだったが、先輩の壁は厚くサイド・スープレックス、ヴィーナスDDTを決めてもフォールを奪うことはできず、新技のUBVも決めることはできなかった。逆に進化を見せつけたのは王者のほう。スワンダイブ式ファイアーバード・スプラッシュ(魔法少女にわとり野郎)を初公開し、ユキの奮闘を断ち切った。

東京女子プロレスとして半年ぶりの聖地凱旋を果たしたが、新型コロナウイルス感染症の影響は色濃く、座席数の制限や大声での声援が禁止されるなど「見ている側」も制約の課せられた大会となった。

<写真提供:東京女子プロレス>

その中でメインを締めくくった坂崎は、集まった超満員のファンを前に「まだまだ私たち発展途上なので皆さんの応援とか声援とかないとちょっとだけ心細いこともありますが、姿勢や身振り手振りで応援してくれたことがとてもうれしかったです。またいつみんなと会えるか、会えなくなるかわからないから、今を大事にして未来を信じて歩んでいきましょう」と涙ながらにマイクアピールをして興行を締めくくった。

BRANDNEW WRESTLING 4~奪うなかれ、与えたまえ~
【日時】2020年7月23日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】490人(超満員)

▼オープニングマッチ 宮本もかデビュー戦 20分一本勝負
○舞海魅星&汐凛セナ vs 宮本もか●&鈴芽
8分25秒 片エビ固め
※ラリアット

▼第二試合 うなぎひまわり復帰戦 20分一本勝負
○原宿ぽむ&桐生真弥 vs うなぎひまわり&猫はるな
8分18秒 片エビ固め
※ぽむ・ど・じゃすてぃす

▼第三試合 15分一本勝負
○乃蒼ヒカリ vs らく●
7分24秒 体固め
※裏投げ

▼第四試合 15分一本勝負
●上福ゆき vs 白川未奈○
8分20秒 片エビ固め
※GSS

▼第五試合 まなせゆうなレギュラー参戦ラストマッチ 20分一本勝負
まなせゆうな&伊藤麻希&●天満のどか vs 山下実優○&万喜なつみ&瑞希
16分6秒 体固め
※クラッシュ・ラビットヒート

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>○辰巳リカ&渡辺未詩 vs 中島翔子&ハイパーミサヲ●<挑戦者組>
13分50秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。第6代王者組が3度目の防衛に成功。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○坂崎ユカ vs 愛野ユキ●<挑戦者>
18分0秒 片エビ固め
※魔法少女にわとり野郎。第7代王者の3度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事