【アクトレスガールズ】関口、松井が高瀬のAWGベルトに挑戦表明で挑戦者決定戦が決定!本間&角田がまなせ&尾﨑に勝利!8.14(金)後楽園ホール<全試合結果>

アクトレスガールズは14日、東京・後楽園ホールにて大会を開催。高瀬みゆきの持つAWGのベルトに関口翔と松井珠紗が挑戦表明、9.16Beginning大会にて挑戦者決定戦が行われることになった。

セミファイナルで行われた旗揚げメンバーの本間多恵&角田奈穂vsまなせゆうな&尾﨑妹加は本間が尾﨑からギブアップ勝利も、まなせは「今日はたまたま床にちょっとついちゃっただけ、負けてない」と不満爆発。一方、勝利した本間は尾崎妹加とのシングルマッチに意欲を見せた。

三浦亜美デビュー戦はnoki-Aとチョップ合戦、ショルダータックルで倒すなど負けん気をみせたが、noki-anバックブリーカーに敗戦した。

試合後にマイクを持ったnoki-Aは「1年後が楽しみだよ」とエールを送った。

ケガで欠場していた清水ひかりが復帰戦に登場。試合には敗れるもSAKIが「一番に言いたかった復帰おめでとー!そしてここにいる皆さんの声を代弁しておかえりー!」とマイクで復帰を祝うと会場から大きな拍手が起こった。

試合の模様は連続写真にてご覧ください。

Actwres girl’Z 後楽園ホール大会
日時:2020年8月14日(金)開場 17:15 / 試合開始 18:45
会場:後楽園ホール

<全試合結果>

メインイベント30分1本勝負
高瀬みゆき&×松井珠紗
vs
○関口翔&青野未来
18分46秒 ランニングSTO⇒片エビ固め


試合後に関口が高瀬のAWGベルトに挑戦表明。

すると松井も同じベルトへの挑戦を表明。

二人が言い争うと、最終的に高瀬にどちらにするかを選んでもらうことに。

高瀬は二人で戦って勝った方とタイトル戦をやると、その場で坂口代表に日程を確認して、9.16Beginning大会での対戦が決まった。


バックステージコメント

関口「自分にとってアクトレスガールズの後楽園は、自分たちの団体なので本当に思い入れが多くて。1回目の後楽園からいて。いままでメインに立てたことがなくて、アクトレスガールズの中で。今回メインカードに組まれて、勝利することができて、本当にうれしく思います。そして、自分の挑戦したかったシングルのベルトをやっとみんなの前で言うことができて。またいまこの高瀬みゆきが巻いているベルト、挑戦するので、前回ほかの人が巻いていたとき挑戦したことがあるんですけど、高瀬みゆきが巻いているシングルのベルトには初めて挑戦するので。自分はいっぱいたくさん経験してきたので絶対勝ちたいと思います。その前に松井珠紗に勝ってから、そこで差をつけて、高瀬みゆき戦に絶対に挑みたいと思います」

青野「自分も初めて後楽園ホールのメインに立たせていただいて、私のきょうの一番の目標は高瀬みゆきからスリーを取る、勝つっていうことが一番の目標だったので、正直悔しいですし、勝てたのは翔さんのおかげで。凄くうれしいんですけど、まだまだやりたりないなって。みゆきさんと今日が2戦目。同期なんですけど。終わってからも挑戦表明とかしてベルトの話ししてましたけど、自分は今日勝てなかった。絶対にみゆきさんから勝ちたかったのがあって、挑戦表明するのはまだいまじゃないなと思ったんですけど。だけどみゆきさんの眼中に私はなかったと感じたので。それがいま凄く悔しいです。だからこれから振り向かせるために、高瀬みゆきからスリーを取りたいと思っています」

高瀬「ありがとうございました!やっと、やっと挑戦したいと、ベルト取りにいきたいという意欲的な選手が現れて、めちゃくちゃうれしいですね。今日のメインも皆さんどうだったでしょうか。お客さんが声を出せないのでどうなのかなと終わったあとに思ってたんですけども、珠紗の話をしたときに、お客さんがすごく拍手をくれたので。このメンバーの辛かった休止中の頑張りが伝わったんじゃないかなと思ってます。こんなご時世のなか見に来てくれたお客さんを大事にしたいし、そしてこんなご時世だけどもアクトレスガールズはどんどん成長しているんだってことを私は凄く感じたので、ぜひ今日来た人も来られなかった人も、これからのアクトレスガールズ楽しみにしてほしいと思います。なあ、珠紗。いまの思いは?」

松井「みゆきさんは去年、自分がシングルしたときに、成長したとか頑張ったとかおっしゃってくれるんですけど、自分は今日、後楽園のアクトレスガールズのビッグマッチのメインに立たせてもらって。でも全然、ふがいない試合というか、自分が全然何もできないような試合してしまって。でも、ベルト挑戦はずっと思っていたことなので。今日それを勢いとはいえ言ってしまったので、翔さんとシングルするまでにもっともっとたくさん練習して、今日を全然超える自分になりたいと思いました」

高瀬「ええやん。それはうちも翔も未来ちゃんも、プロレス言ったらすごく短いけどそれでも3年と少しという道を、めっちゃ自分たちなりに大事に歩んできたつもりやから、それは簡単に超されないと思ってる。たぶん翔も思ってる。でも、珠紗の気持ちは私も似たような気持ちで進んできたのが凄くわかるよ。楽しみにしてます。珠紗と翔のシングル。皆さんもぜひ9月16日見にきてあげてください、珠紗と翔のシングル。ベルトはでも、渡しません」

松井「ありがとうございました。次シングル、自分が絶対勝って、もっともっと強くなった自分で、アクトレスガールズのシングルのタイトルを絶対に巻きます」

セミファイナル30分1本勝負
○本間多恵&角田奈穂
vs
まなせゆうな&×尾﨑妹加
15分07秒 KACHIKOMIロック

バックステージコメント

まなせ「このエンディング(場内でかかった音楽)、私たちが一緒にやってたときのエンディングかけてきてあの人らは。うちらだって勝つ気でしたよ。でも、もっと見据えてやってますね。でも、私が思うのは今日はたまたま、床にちょっとついちゃっただけ。負けてない。いまやっても私は負ける気もしないし、あっちがどうなったのか知らないけど…負けたあとに何言ってもあれだね(笑)妹加、先言って」

尾崎「我々はこの団体を去ったもの同士で、あっちはずっと残って正規タッグまで組んで。そりゃ連係もたくさんあるし、チームワークもいいですよね。その差かなと思いますよ。でも、なにげに多恵とシングルしたことないんですよ。さっきリングでこんなん(対戦のアピール)されて。シングルやりたいんだと思って。シングルだったら負けないよ。近いうちにシングルしたいと思います」

--記念試合的な感じなのかなと思ったら、最後に握手しなかったですが

まなせ「私的には正規タッグで連係が多いと言ってたけど、そんなこと言ったらうちら今回初めて組んだんですよ。でも全然力負けしてないし、本当にたまたま床にちょっとついちゃっただけなの。それは負けじゃない!あの2人が試合してどう思ったかわからないけど、やりたいと言うなら私は何度でもやってもいいですね。このまま終わるなんて面白くないですし、タッグっていうのは個々の力以外にも必要なものいっぱいあるけど。でもわかんない、私負けた気全然してないんで。私がギブアップって言うまでやってくればいいんじゃないですかね。は~いさよなら~」

尾崎「ああ言ってるってことは、先のことはわからないですけど、もしかしたらまたこのリングに、元アクトレスメンバー、まなせゆうなはそっちの要望があれば出てくれるっていう感じなんじゃないですか。自分は前からちょこちょこ出させていただいているので、やりたい人がいれば初期メン問わず、誰でも相手します。きょうは正直負けてしまったけど、次は絶対負けません」

本間「勝ちましたね。自分たちはけっこうビッグマウス的に5年ここでやってきたからとか言ってますけど、2人ともケガで1年欠場しているし、アクトレスガールズ自体、5年前の初期旗揚げからしたら、あの2人はトップクラス。私たちは落ちこぼれだったので、カードが組まれることもない。そんな権利も与えられない状況だったので。それが5年たってこうやって向き合って、妹加とあんなにがっちがちにやって、最後にギブアップ取れたというのは、さっきちょとあっちのコメントが聞こえちゃったんですけど、床についただけと言ってましたが、尾崎妹加からタップを取れたということは私にとって自信でしかないし、誇りでしかないから。しっかりそれを今後のこやしにしたいと思うし、でかい2人に勝てたのは、やっぱり以下省略。の2人のサポートがあったからだと、いま自負してますね。後楽園ホール大会ができて、私はすごくすごくうれしいです」

角田「私はいままで試合やってきて、どんな形でもスリーが入れば勝ちは勝ちなので、これはでも多恵がとってくれた勝ちだと思ってます。私、自粛期間ずっと試合してなかったんですよ。復帰してちょっと試合して、そのまま自粛期間に入っちゃって試合してなくて。前回の8月2日の北千住大会も自分は出られてないんです。本当はきょう出れるか出られないかわからないぐらい自分の体調が崩れていたので。もともとこのカード、やりたいと今年入って2月ぐらいからずっと代表から聞いてたので。とにかく後楽園ホール大会、このメンバー、それが自分のモチベーションだったし。2人がやめて4年たって、もう一回こうやってリングで会えるんだなって。それがすごくうれしかったですね。ただ自分は今日やられっぱなしだったんですよ。助けてくれたのは多恵で、最後もずっとゆうなさんにつかまりっぱなしで、リングの上にすらいられませんでした。いくら自分の最後の大事な技、一発決めたとはいえ、そのあと最後一人で頑張ってくれたのは多恵なので、それは自分の悔しさですね。悔しいです。だからもうありがとうって言いたいですね。悔しいです。でも、きょうの後楽園ホール大会、私にとってはすごく大事な大事な一戦だったので、これからの未来の自分につなげたいと思います」

本間「私は今日はタッグで奈穂もいま体調のことでどうなるかわからないところがあるので、自分個人としては尾崎妹加とシングルマッチ、希望してますんで。近々おこなわれるんじゃないですか。それを楽しみにしていただけたらと思います。必ずギブアップ取りたいと思います」

第4試合 清水ひかり復帰戦
30分1本勝負
○SAKI&林亜佑美
vs
茉莉&×清水ひかり
8分37秒 カワイルドバスター⇒片エビ固め

SAKI「一番に言いたかった復帰おめでとー!そしてここにいる皆さんの声を代弁しておかえりー!」

ひかり「みなさん、ただいまー!」

SAKI「ありがとうございましたー!」

第3試合三浦亜美デビュー戦
20分1本勝負
○noki-A vs ×三浦亜美
9分47秒 noki-anバックブリーカー

noki-A「おい三浦亜美、お前、1年後が楽しみだよ。たぶん、アクトレスのベルト、コイツからんでるよ。楽しみにしておいてやるよ。デビューおめでとう」

バックステージコメント

--後楽園でのデビューの率直な感想は?

三浦「本当に緊張しました。でも、リングに上がって先輩たちの声とかお客さんの拍手とかすごく聞こえてきたので、それでなんとか頑張れたという感じです」

--練習してきたことは全部出せたか?

三浦「出し切れたと思います。いまできることを精いっぱやったつもりです」

--noki-A選手の印象は?

三浦「すごい意地悪だなっていう感じがあります(笑)。最初の握手から仕掛けられて。最後もスラム3回も落とされて、とことんやられたので」

--目標にしている選手はいますか?

三浦「個人的に(高瀬)みゆき選手が大好きで、ああいうふうに強くてかっこいい選手になりたいです」

第2試合 20分1本勝負
五十嵐乃愛&○谷もも
vs
×未依&網倉理奈
8分32秒 蒼魔刀⇒エビ固め

第1試合 20分1本勝負
○さくらんボニータ&入江彩乃&櫻井裕子
vs
×向後桃&長谷川美子&桜井まい
8分30秒 春夜恋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事