【WWE】中邑真輔がカリストのサプライズ登場でメタリックに屈辱の逆転負け

日本時間8月15日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたスマックダウンが配信された。

◆中邑真輔がカリストのサプライズ登場でメタリックに屈辱の逆転負け

スマックダウンタッグ王者中邑真輔(withセザーロ)が抗争を展開するルチャ・ハウス・パーティのグラン・メタリック(withリンセ・ドラド)と対戦した。

試合前、中邑&セザーロが “チビ・メタリック”とけなしていると、メタリック&ドラドがこっそり現れてベルトを盗む嫌がらせを展開。

これに中邑は「奴らを押しつぶしてやる」と怒りを爆発させると、ゴングと同時に攻め込んで痙攣式ストンピングやニー・ドロップを叩き込んだ。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

メタリックもクロスボディやスプリングボード・バックエルボーを決めて反撃すれば、中邑はリバースパワースラムからキンシャサで止めを狙ったが、ここで突然、カリストがサプライズ登場してセコンドのセザーロにDDTを炸裂。

これでチャンスを潰された中邑はメタリックのエルボードロップを食らってしまい3カウント。中邑は因縁のメタリックを相手に屈辱の逆転負けを喫してしまった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事