【全日本】ゼウス&イザナギがヤンキー二丁拳銃からアジアタッグ王座を奪取!イザナミがゼウスに感謝のメッセージ

全日本プロレスは15日、「2020 SUMMER ACTION SERIES 2 ~青木篤志メモリアル AAforever~」 が開幕し、アジアタッグ王座に挑戦したゼウス&イザナギが“ヤンキー二丁拳銃”宮本裕向&木高イサミを破ってアジアタッグ王座を奪取した。

バックステージに戻るとイザナギが「俺たちは秋山チルドレンやからな!」とコメント。

そしてゼウスも「間違いない、間違いない、秋山チルドレンや!」と同意し、ゼウス&イザナギ共にシングル王座の奪還と、秋山準&大森隆男の12回防衛の更新を約束した。

試合後、イザナギが自身のTwitterで「ゼウスありがとう。青木さんの前で。秋山さんの前で。渕さんの前で。観客の前で。ゼウスと組んで。二丁拳銃組に勝って。アジアタッグ王者になりました。ゼウスありがとう。」と感謝の気持ちを綴った。

また同じくゼウスもTwitterで「勝ったぞー!!!アジアタッグ初戴冠!!次は、チャンピオンカーニバル!!」と喜びを披露し、イザナギのメッセージを受け「イザナギさん、ありがとうございました!イザナギさんと巻いたこのアジアタッグのベルトは宝物です!」と呟いた。

ゼウスとイザナギは両者ともにアジアタッグ王座を初戴冠し、60年以上の歴史を持つ日本最古のベルトに名を刻んだ。

「2020 SUMMER ACTION SERIES 2 ~青木篤志メモリアル AAforever~」 【開幕戦】
【開催日】 2020年8月15日(土)
【開始時間】18時30分
【観衆】657人

▼第6試合アジアタッグ選手権試合
【第109代 王者組】×木髙イサミ&宮本裕向
vs
【挑戦者組】ゼウス&〇イザナギ
(12分01秒 仙人の首固め)
※木髙イサミ&宮本裕向が4度目の防衛に失敗、ゼウス&イザナギが第110代王者となる

→連続写真でご覧下さい。

<写真提供:伊東ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事