【WWE】マッキンタイアが“毒蛇”オートンとの接戦を制して王座防衛

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆マッキンタイアが“毒蛇”オートンとの接戦を制して王座防衛

日本時間8月24日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「サマースラム」が配信された。

頂点に君臨する王者ドリュー・マッキンタイアと王座奪取を狙う“毒蛇”ランディ・オートンがWWE王座戦で激突した。

オートンは序盤から場外回避を繰り返すと思えば、いきなりRKOを何度も狙って心理戦を展開すると、解説席やポストにマッキンタイアを叩きつけて試合を優勢に進めた。

マッキンタイアもスパインバスターからフィギュア・フォーで反撃したが、オートンはレフェリーの死角でサミング攻撃してこれを回避したが、勢いに乗ったマッキンタイアはベリー・トゥ・ベリーや雪崩式クローズラインでオートンに攻め込んだ。

終盤には大技の攻防を展開すると、クレイモアをかわされたマッキンタイアがRKOを狙うオートンをバックスライドで丸め込んで3カウント。

マッキンタイアがオートンとの接戦を制して王座防衛に成功した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事