【OZアカデミー】8.28(金)横浜文化体育館大会『プラムの花咲くOZの国~文体ファイナル~』全対戦カード

OZアカデミー女子プロレスは28日、神奈川・横浜文化体育館にて『プラムの花咲くOZの国~文体ファイナル~』を開催する。

OZアカデミー認定無差別級選手権王者・尾崎魔弓は同じ正危軍の安納サオリと防衛戦を行う。

超花火の社長に就任したアジャゴングは獣友の面々と組み、Mission K4と超花火イリミネーション8人タッグ 有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチで対戦する。

横浜文化体育館大会 プラムの花咲くOZの国~文体ファイナル~
日時:2020年8月28日(金)18:30試合開始
会場:横浜文化体育館

~The Wizard of OZ~OZアカデミー認定無差別級選手権試合:シングルマッチ時間無制限1本勝負
第23代王者:尾崎魔弓 vs 挑戦者:安納サオリ

爆女王選手権試合:超花火イリミネーション8人タッグ 有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチ:時間無制限1本勝負
【獣友】第7代女王・松本浩代&アジャコング&米山香織&優宇
vs
【Mission K4】加藤園子&AKINO&小林香萌&関口翔

詳細ルールは下記

<ルール>この試合は4対4の8人タッグマッチから開始され、3カウントフォール、ギブアップ、KOなどを奪われた選手が順に退場、両軍どちらかの選手が全員退場となるまで試合が続行される「イリミネーションルール」が採用される。

またこの試合には爆女王選手権が賭けられ、試合の一番最後にフォールやギブアップを奪った選手、つまり試合を決着させた選手が次の爆女王して認定される。

また特別ルールとして、場外カウント・反則カウントは無し、レフェリーが特に危険と判断する行為以外の全てが認められるストリートファイトルールが適用されており、さらに特別公認凶器として、有刺鉄線プラズマ爆破バットの使用が認められる。

当日のリング上、片側のニュートラルコーナーにはバットに仕掛けられたプラズマ爆破のON/OFFを切り替えるスイッチが設置してあり、スイッチがONになっているときには反対側のニュートラルコーナーにあるパトランプが点灯する。このパトランプが点灯している状態でバットに強い衝撃を与えるとバットは大爆発を起こし、相手に激しいダメージを与える仕組みとなっている。

シングルマッチ30分1本勝負
旧姓・広田さくら vs 世志琥

タッグマッチ30分1本勝負
柊くるみ&朱崇花 vs 山下りな&青木いつ希

6人タッグマッチ30分1本勝負
倉垣翼&朱里&進垣リナ
vs
桜花由美&雪妃魔矢&砂辺光久

以上全5試合。
試合順は当日発表。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事