【ZERO1】田村ハヤトがクリス・ヴァイスを撃破し世界ヘビー王座奪取!

27日開催のプロレスリングZERO1新木場大会でプロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT所属の田村ハヤトが参戦し、団体の頂点の証である『世界ヘビー級選手権試合』にいきなり挑戦し、一発でベルトを奪取した。

デビューしてまだ約1年の選手が大仕事をやってのけた。

田村ハヤト
「ゼロワンファンのみなさん、JUST TAP OUT の田村ハヤトです。長いこと語りませんが、前回言ったように僕は大舞台に強い男です。これからゼロワンのリングでオレが中心となって新しい風、吹かしていきますよ!楽しみにしていてください!!先程、岩崎(永遠選手)が挑戦表明してきましたが、オレはねいつでもどこでも挑戦をうけますよ。もう、次の大会にでもやりますよ!オレはどんな相手も必ず倒して、オレが!このリングの中心に立つ!じゃいくぞー!スリー・ツー・ワン・・・JUST TAP OUT!!」

岩崎永遠
「田村ハヤト 覚えたよ。でも、あんま大きい顔はさせないからな。今日、あんたがとったZERO1の世界ヘビーのベルトは俺が必ず取り返してやるからな。いつでもやってやるって言ってたもんな。覚悟しとけよコノヤロウ。」

8.27新木場1stRING大会

<観衆155人(満員)>

試合結果

6・『世界ヘビー級選手権試合』30分一本勝負
<王者>クリス・ヴァイス×(20分19秒片エビ固め)<挑戦者>○田村ハヤト
※変形みちのくドライバー。クリスが防衛に失敗。田村ハヤトが新王者となる。

5・『NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合』30分1本勝負
<王者>○岩﨑永遠&佐藤嗣崇(17分21秒バックドロップホールド)<挑戦者>大谷晋二郎&今成夢人×
※王者組が初防衛に成功。

4・シングルマッチ30分1本勝負
○北村彰基(10分30秒ジャーマンスープレックスホールド)タナカ岩石×

3・タッグマッチ30分1本勝負
○SUGI&RAICHO&アンディー・ウー(13分6秒片エビ固め)田中将斗&火野裕士&菅原拓也×
※ファイアーバードスプラッシュ

2・シングルマッチ30分1本勝負
○ハートリー・ジャクソン(8分12秒)横山佳和×

1・シングルマッチ30分1本勝負
馬場拓海×(11分43秒ジャーマンスープレックスホールド)○平田智也

<写真提供:プロレスリングZERO1>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事