【OZアカデミー】<文体ファイナル>尾崎が安納を大流血に追い込み王座防衛!試合後、正危軍の離脱を促すも安納の返事は「NO」

28日、OZアカデミーは文体ファイナルと銘打ち、数々の激闘を繰り広げた横浜文化体育館大会でラストマッチを開催した。

大会の締めは団体の至宝を賭けて正危軍メンバー同士の対戦が組まれた。

メインのOZアカデミー認定無差別級選手権では王者 尾崎が挑戦者 安納を大流血に追い込み王座防衛を果たした。

 

OZアカデミー女子プロレス横浜文化体育館大会

プラムの花咲くOZの国~文体ファイナル~

■興行・試合日程:2020年8月28日(金) 17:30開場/18:30試合開始
■開催地:神奈川県
■試合会場:横浜文化体育館
■観衆:999人(満員)

試合前には振付仮面(ラッキィ池田さんらしいが本人は否定)によるプロレス体操も披露された。

■第一試合:6人タッグマッチ30分1本勝負
倉垣翼&朱里&●進垣リナ vs 桜花由美&○雪妃魔矢&砂辺光久
15分01秒 体固め ※ウィールウィンドを切り返されたところを押さえ込む

■第二試合:タッグマッチ30分1本勝負
柊くるみ&○朱崇花 vs ●山下りな&青木いつ希
13分56秒 ムーンサルトプレス ⇒ 片エビ固め

■第三試合:シングルマッチ30分1本勝負
●旧姓・広田エリザベスさくら vs ○世志琥
0分11秒 ラリアット ⇒ 体固め
※再試合
●旧姓・広田エリザベスさくら vs ○世志琥
7分06秒 ダイビングセントーン ⇒ 体固め

※旧姓・エリザベス世志琥

■セミファイナル:伝説のYoutuberオーキットプレゼンツ
爆女王選手権試合:超花火イリミネーション8人タッグ有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチ 時間無制限
【獣友】第7代女王・○松本浩代&アジャコング&米山香織&優宇 vs 【Mission K4】●加藤園子&AKINO&小林香萌&関口翔
※退場順:①米山 ⇒ ②小林 ⇒ ③関口 ⇒ ④AKINO ⇒ ⑤優宇 ⇒
⑥ ○松本浩代 vs ●加藤園子
19分51秒 ロックドロップ ⇒ 片エビ固め
※第7代王者が初防衛に成功
※9月6日新宿大会における加藤&AKINOvs米山&優宇のタッグ選手権試合が決定

■メインイベント~The Wizard of OZ~
OZアカデミー認定無差別級選手権試合:シングルマッチ時間無制限1本勝負
第23代王者:○尾崎魔弓 vs 挑戦者:●安納サオリ
25分30秒 テキーラサンライズ
※第23代王者が3度目の防衛に成功

<試合後リング上で>

尾崎「今の安納を見ていると、2年前に正危軍に誘ったことは正解だったのか疑問を感じている。もう正危軍から離れろ」

安納「自分の道は自分で決める。私は正危軍が好きで、尾崎魔弓からまだ学びたいことがある。」

尾崎「これからもっと厳しくなるぞ」

<試合後コメント>

尾崎「今日私は安納とキッチリ正危軍としての試合をした。同じ軍団だろうが何だろうが、やるときはやるのが正危軍。9月6日新宿FACEの同門対決の6人タッグ(※尾崎の指示で決定したアジャコング&雪妃魔矢&関口翔vs松本浩代&桜花由美&小林香萌の6人タッグ戦)、桜花も雪妃も、もちろん他の奴らもキッチリ戦えよ!私の考えたカードに文句は言わせないからな!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事