【WWE】“毒蛇”オートンがPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でのWWE王座挑戦権を獲得

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆“毒蛇”オートンがPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でのWWE王座挑戦権を獲得

日本時間9月1日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

“毒蛇”ランディ・オートン、“リミットレス”キース・リー、 “月曜夜の救世主”セス・ロリンズの3人が予選を突破してWWE王座挑戦者決定トリプルスレット戦で激突した。

予選となったシングル戦ではリーがスピリットボムでドルフ・ジグラーを撃破すると、オートンはアリスター・ブラックの襲撃を受けたケビン・オーエンズを秒殺のRKO葬。

さらにロリンズは因縁のドミニク・ミステリオをカーブ・ストンプで沈めて予選を突破した。

勝てばPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でWWE王座挑戦となるこのトリプルスレット戦でパワーに勝るリーを相手にオートン、ロリンズはそれぞれ場外に回避して舌戦を展開。

しかし、リーがクロスボディで2人を蹴散らすとオートンとロリンズは一時的に共闘してリーを鉄製ステップに叩きつけた。

これでリーがダメージを負ったことを確認したオートンは裏切りのDDTをロリンズに放ったが、ロリンズもファルコン・アローでオートンに反撃すると、ここで回復したリーが豪快なショルダータックル&スプラッシュで2人を圧倒した。

さらに終盤ではロリンズのカーブ・ストンプをかわしたリーがロリンズに必殺のスピリットボムを叩き込んだが、その隙をついたオートンがRKOをリーに炸裂させると倒れていたロリンズからピンフォールを奪取。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

大技の攻防を制したオートンが因縁の王者ドリュー・マッキンタイアが保持するWWE王座挑戦権を獲得した。

マッキンタイア対オートンのWWE王座戦が行われるPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」は日本時間9月27日にWWEネットワークで配信される。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事