【WWE】ベイラーがコールを破ってNXT王座に返り咲き

先週行われたNXT王座決定60分アイアンマン戦が決着つかず、タイとなったベイラーとコールがNXT王座を決めるべく直接対決で激突した。

序盤、ベイラーがパワースラムからのエルボードロップで攻め込めば、コールも延髄切りからのバックスタバーで反撃。

続けてベイラーがスリング・ブレイドを放てば、コールもシャイニング・ウィザードでやり返して両者譲らない白熱の応酬を展開した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中盤ではベイラーがスリング・ブレイド、ダブル・ドロップキックから必殺のクー・デ・グラを叩き込むも決定打とはならず、逆に今度はコールが足4の字固めでベイラーの左足を痛めつけるとスーパーキックから必殺のラスト・ショットを叩き込むもカウント2。

両者互角の闘いを展開したが、最後はパナマ・サンライズをかわしたベイラーがリバース1916を決めると、コーナートップの攻防から雪崩式1916をコールに炸裂させて3カウント。

ベイラーがコールを破ってNXT王者に返り咲きを果たした。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後のバックステージでベイラーはトリプルHやウィリアム・リーガルGMに祝福されながらコールとも“Too Sweet”ポーズで互いの健闘を称えると、「この10カ月間、みんながなぜNXTに戻ってきたのかと聞いてきたが、これが理由だ」と腰に巻いたNXT王座を誇った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事