【WWE】中邑&セザーロがストリート・プロフィッツとの“タッグ王者対決”で無念の黒星

 

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑&セザーロがストリート・プロフィッツとの“タッグ王者対決”で無念の黒星

日本時間9月15日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

スマックダウンタッグ王者中邑真輔&セザーロが因縁のロウタッグ王者ストリート・プロフィッツと“タッグ王者対決”で激突した。

チャンピオンラウンジを荒らされた仕返しを狙う中邑はターンバックル上のアンジェロ・ドーキンスに強烈なヒザを叩き込むとセザーロと連携したジャンピング・ニーを放って攻め込んだ。

さらに中邑はスライディング・ジャーマンスープレックスからキンシャサを狙うと、逆にドーキンスのスパインバスターを食らったが、続けて放たれたフォードのフロッグスプラッシュはヒザで迎撃して両チーム白熱の攻防を展開。

試合終盤には中邑が場外の鉄製ステップに誤爆してダメージを負うと、セザーロが奮闘してアッパーカット連打からスーパープレックスをモンテス・フォードに叩き込んだが、直前で交代していたドーキンスにフロッグスプラッシュを決められて3カウント。

中邑&セザーロはタッグ王者対決でストリート・プロフィッツに無念の敗戦を喫した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事