【新日本】昨年準優勝のジェイ・ホワイトが初戦で鷹木信悟に勝利!ジェイ「これは“G1”ではない。“J1”トーナメント。俺のトーナメントだ」9.19 G1 CLIMAX 30 開幕戦 in 大阪

帰ってきたスイッチブレードの切れ味は健在だ!

19日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30を大阪府立体育会館で開幕。この日のセミファイナルで行われた鷹木信悟 vs ジェイ・ホワイトの一戦は半年ぶりに日本マットに復活したスイッチブレードがザ・ドラゴンに勝利した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月19日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,401人

コロナ禍で約半年間、参戦ができなかった昨年のG1準優勝者ジェイ・ホワイトは外道のインサイドワークと共に躍動。場外では解説のミラノコレクションA.T.さんを挑発しながら鷹木信悟をいたぶり序盤から中盤にかけて腰への攻撃で圧倒。

髪の毛を掴まれ振り回し続けられた鷹木信悟は部ちぎれモードへ。逆にジェイの髪の毛を背後から掴んでのラリアット。さらには「お返しだ!」と髪の毛を掴んで投げ飛ばす。

場外でサンドバック状態にナックルをお見舞いした鷹木はエプロンへ投げ飛ばしてからのマットに突き刺しDDT。ジェイがブレイドバスターで追撃すれば、鷹木信悟は熨斗紙で反撃。

「ここから、ここから」とカツを入れた鷹木信悟は度重なるジェイホワイトのスカシを上回るスライディングラリアットから追い込むも、ジェイはキークラッシャー。ジェイのブレードランナー狙いをMADE IN JAPANで切り返した鷹木は、リングに侵入してきた外道も蹴散らしパンピングボンバーでジェイを追い込む。

昨年はG1でジェイ・ホワイトに敗れた鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めるもジェイに巻き込まれたレフェリー不在でスリーカウントならず。決めきれない隙をついてのジェイのローブローにグロッキーの鷹木はレッグロールスープレックス、ブラッディサンデー、ブレードランナーと必殺技のフルコースにジェイ・ホワイトが2年連続の鷹木からの勝利を決めた。

▼第5試合 30分1本勝負

「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖鷹木信悟 vs ジェイ・ホワイト〇
19分28秒  ブレードランナー→片エビ固め

<バックステージ>

ジェイ「(※コメントスペースに歩を進めながら)2年間あれだけずっとイスを用意しろと言い続けてきたのに、まだわからないのか?(※スタッフが慌ててイスを持ってくる)サンキュー。(※と言って座ろうとするが)外道の分を忘れるな!リスペクトってものはないのか?(※外道のためのイスが持ってこられたところで)サンキュー。さぁ外道、座ってくれ。(※と2人並んで座って)大丈夫か? アゴは問題ないか?」

外道「(※アゴを撫でながら)あんまり。でもすぐに治るさ」

ジェイ「あいつの破壊力はすごいな。でもあいつが勝ったか、外道さん?」

外道「もちろん負けた」

ジェイ「あいつが思いっきりぶつかってこようと、俺には敵わない。誰が相手でも俺には通用しないんだよ。でも俺は喜んで相手にしてやるし、全員に実力を見せつけてやるぞ。俺って優しいからな。でもあいつは話にもならない相手だ。というか全員レベルが低い。いいかよく聞け……俺がいないのをいいことに、チャンスだと勘違いしてるヤツが何人もいたが、ふざけるなよ。最近のシンゴの試合はどれも高く評価されてるようじゃないか。SHOを倒したからって、それが何だ? そんなんもので、俺がこれまで築き上げてきた実績と並べるな。俺は世界最高のレスラーだ。ほかのヤツが同じことほざいてるが、そんなもの真面目に聞くな。あのバカは俺と違って何の実績も残してない。俺は常に有言実行してきただろ。俺は“キングスイッチ”“ザ・ラスト・ロックンローラ”。一人の力でMSGを完売させた男であり、世界最高のレスラーだ。『G1』は俺がもらった。これは“G1”ではない。“J1”トーナメントだ。俺のトーナメントだ。お前たちがどう思おうが関係ない。お前らにできることといえば、スイッチブレードと呼吸することだけだ。時代はまだ俺のものだ。(※控室に戻ろうとする際、イスを手にして)俺以外のヤツはこのイスに座る資格なんてない……」

 
鷹木「(※左の首筋をアイシング、そして股間を押さえながらコメントスペースにやって来て、たどり着くと座り込むようにフロアに両ヒザを着いて)ふざけんなよ……ふざけんなよ(※と2度、つぶやくように小声で言った後)……ふざけんなよ、オイ! オイ、『G1』じゃねえのかよ。この闘い、男同士、潔いい、タイマン勝負じゃねえのかよ、オイ! ジェイ、ガッカリさせんなよ。このクソヤロー! このクソゲドーども! ただじゃおかねえからな。BULLET CLUB! (※立ち上がりながら)大元のBULLET CLUBが悪いな。とことん追い込んで、ぶっ潰してやるよ。このままじゃ済まねえからな。外道も、ジェイも。まだ始まったばっかりだ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事