【新日本】帰ってきたオスプレイは20kg増!厚みを増しても制空圏は不変で開幕戦を勝利!オスプレイ「I’m HOME(ただいま)」9.19 G1 CLIMAX 30 開幕戦 in 大阪

半年ぶりに新日マットに登場のオスプレイは大幅増量して厚みを増して帰ってきた!
19日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30を大阪府立体育会館で開幕。2020年のG1開幕戦を飾ったのはウィル・オスプレイ vs 高橋裕二郎のカード。半年ぶりに日本マットに復活したドラゴンスレイヤーが厚みを増してその存在感を顕示した。
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月19日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,401人
 
コロナ禍により半年間日本マットに上がれなかったが、その間に20㎏(105kg)増量してきたオスプレイ。
 
厚みを増した肉体に関わらず飛び技のダイナミックさは損なわれることはなく見事な勝利を飾った。
 

▼第2試合 30分1本勝負

「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇ウィル・オスプレイ vs 高橋裕二郎✖
7分44秒  ストームブレイカー→片エビ固め

<試合後のリング上>
試合後、マイクを手にして「I’m home(ただいま)」と昨年よりホームとして日本を主戦場とすることを宣言したオスプレイは気持ちを叫んだ。
 

オスプレイ「ただいま!やっとまたみんなの顔を見ることができて幸せでいっぱいだ。花道に向かう直前まで緊張と不安に襲われていた。でも鏡を見て、自分に『不安なんて吹き飛ばせ』と言い聞かせた。だって俺はウィル・オスプレイ、現在世界最高のレスラーだ!コロナで新日本も色々大変だったが、これからはもっと面白くなるぞ。ウィル・オスプレイが新日本に戻ってきたからな!今年の『G1』のキャッチフレーズは“BE THE ONE”…今、君が(画面で)見てるのが“その一人”だ」

 
ブリティッシュヘビーのベルトを誇示し今後の活躍を誓った。
 
<バックステージ>

オスプレイ「どうだ、見たか。ウィル・オスプレイがシンニホンプロレスに戻ってきたぞ!俺こそが世界最高のレスラーだと証明する使命がある。そのために戻ってきた。俺の実力は正当に評価されてない。去年一年を振り返っても、俺は素晴らしい偉業をいくつも残してきた。悔しいが今年はコロナのせいでほぼ何もできていないが、俺は今でも変わらず“あの”ウィル・オスプレイだ。今世紀最強のレスラーはこの俺だ。プロレス界で一番大事なのは、どの位置に立っているかだ。そしてナンバーワンを張っているのがオスプレイだ。“BE THE ONE”……オスプレイが“その一人”だ。ありがとう。『G1』2日目以降も楽しみだ。次の相手は誰だったかな?あ、イシイサンか!イシイサンは初めて会った日からずっと、俺に張り手をかましてやりたくてたまらないって顔してる。若手の俺をしごきたいんだろ? じゃあやってみろよ。何でも受けてやる。力の限り俺にパンチしてこい。でも最後に負けるのはイシイサン、あなただ。俺は“THE ONE”だ」

裕二郎「(※大きく息を切らせながら)帰ってきたよ。高橋裕二郎が、『G1 CLIMAX』に帰って来てやったぜ、この野郎。この試合でよ、この試合でやっと、思い出したよ。『G! CLIMAX』の、この雰囲気、この空気、この緊張感。負けたヤツがよ、こんなこと言うの、おかしいか?な、おかしいか、オイ? 最高に、気持ちよかったよ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事