【新日本】昨年の優勝決定戦カードを制したのはジェイ!「イブシ、俺の成功が羨ましいか?」9.23 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 北海道

昨年のG1決勝と同一となった黄金カードを制したのはジェイ・ホワイトだ!

23日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを北海きたえーるで開催。BULLET CLUBのリーダー・ジェイホワイトと昨年G1覇者の飯伏幸太が公式戦で激突した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月23日(水) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,961人

試合開始直後から声援をあげられない観客に声援をあおり馬鹿にするジェイに飯伏は怒りのプランチャ攻撃。

旋回式スタンガン→エプロンへのニークラッシャー→鉄柵に腰を強打とラフファイトを繰り返すジェイ。

ジェイはコンプリートショットから高速でのジャーマン

飯伏は人でなしドライバーで対抗。クラッチが回りきらずハーフクラッチのまま決めた。

覚醒モードのギアが入った飯伏は「カモーン」と叫び、フルスイングのラリアット

ジェイは飯伏の翼をもがんとヒザ殺し。左右のドラゴンスクリューから飯伏TO。

ロープにしがみつく飯伏をSSS(スナップ・スリーパー・スープレックス)で投げつける

シットダウン式ラストライドで叩きつけ飯伏ペースにもっていく

カミゴェの体勢に入ろうとする飯伏に対抗するジェイ

更にはリング外でタオルを投げつけようとする外道にレフェリーが注目している隙にローブロー

ジェイのレッグロールスープレックス

飯伏はメリケンサックを出そうとする外道とジェイに膝を突き刺すが

一瞬のスキをついてジェイの高速ブレードランナーで飯伏はマットに突き刺さり、そのままスリーカウントをとられた。

▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖飯伏幸太 vs ジェイ・ホワイト〇
(1勝1敗=2点) (2勝=4点)
20分28秒  ブレードランナー→体固め

試合後、ジェイホワイトはマイクを握り、会場と飯伏を馬鹿にして次のオカダ戦の勝利を宣言した。

ジェイ「イブシ、俺の成功が羨ましいか?それともお前の目にはファン以外何も見えないのか?札幌……俺が俺が札幌と言っただけでバカみたいに喜んで拍手してやがる。バカにされてるのがわからず拍手してる。イブシもここのファンと同じくらいのバカだ。あいつはファンの意見ばかり気にしてる。ファンの声なんか無視してたら、俺のようにもっと成功できてたはずなのにもったいない。いや、どうせ誰も俺と同じポジションには立てない。


次はオカダ。俺とゲドーの大事なダチだよな。神戸か。俺とゲドーが結束した場所だ。やっぱりゲドーは俺の実力を見抜いていた。俺はキングスイッチ、MSGをたった一人の力で完売させた男だ。オカダ戦が待ちきれないぜ。思い出すと懐かしいな。ゲドーと俺の2人がプロレス史上最も衝撃的な瞬間を作った場所だ。オカダをリングで大の字にしてやる。オカダにできるのは俺のこの“新時代”でスイッチブレードと一緒に呼吸することだけだ…!」

<バックステージ>

ジェイ「(※コメントスペースに入ってくる際、イスが用意されるのが目に飛び込んできて笑顔を漏らす)イスを用意してくれたのか。ありがとう。誰か記録を持ってるか? これで俺と飯伏の成績は、俺が2勝、飯伏が1勝だ。それから俺は『G1 CLIMAX 30』の成績は2勝0敗。これで4ポイント。俺のリングアピールは聞いたか? もちろん聞いたよな。俺のハンサムな顔とヒゲにうっとり見惚れてたんだろ。次はオカダだ。コーベでゲドーと再結成だ。あの場所でプロレス界史上最も衝撃的な瞬間が生まれた。日本だけじゃない、海を超えて語り継がれていく。俺たちの2周年を盛大に祝おう。俺とゲドーとオカダで思い出を語り合おう。おっと、オカダにとっては思い出したくないトラウマだったか。オカダ、俺とゲドーに恨みを晴らす気なんだろう。そうだよな、ゲドーとは7年間ずっと親友の仲だったんだから。でもプロレス界で一番頭がキレるゲドーは、俺に可能性を見いだしたんだ。レインメーカーはもうニュージャパンにカネの雨を降らせることはできない。ここにはキングスイッチという本物のスターがいる。ニュージャパンがマディソン・スクエア・ガーデンを完売することができたのも、俺というスターのおかげだ。オカダ、神戸で一緒にパーッと祝おうじゃないか。それまでせいぜい呼吸してろ」


 
飯伏「(※這ってコメントスペースにやって来る。スクリーン前にまでたどり着けず、途中で座って、大きく息を切らしながら話し始める)まだ(公式戦)2試合しかしていないけど……ドームでも負けて、今日も負けて……。スタートはよかったんですけど。考えてる、計算してもわかんない。そう思ってないかったです。全力でいきましたよ。で、これは、リーグ戦だから、仕切り直す。絶対に。今こうやって、しゃべることもできるし、僕は、今後、いろいろ考えてるんで。(※ゆっくり立ち上がって、控室に歩を進めながら)いきますよ。でも全力でいくから」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事