【新日本】2年前の悪夢再び!因縁深き神戸でオカダがジェイに屈す!ジェイ「俺と外道がプロレス史上もっとも衝撃的な瞬間を作ったあの日から2年だ」9.27 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 神戸

激戦を制したのはジェイだ!やはり時代はこの男の掌中におさまってしまうのか?
 
 
27日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを神戸ワールド記念ホールで開催。オカダ・カズチカとジェイ・ホワイトが因縁深き神戸の地のメインイベントでぶつかり合った。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月27日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,548人
 
2019年のMSG(マジソンスクエアガーデン)でIWGPヘビーをかけてぶつかり合った両者の戦い。更にジェイは2年前の神戸で外道と共にオカダを裏切りBULLET CLUB入りをしている。ジェイ・ホワイトはここまで2連勝。歓声を出せない観客を小バカにするジェイはオカダの入場時に「オーカーダーオーカーダーカモン!」とマイクで煽る。
 
試合が始まっても老獪にリング外に回避するジェイ。ロープ際の攻防ではクリーンブレイクをするジェイにオカダが反撃。ビッグブーツから低空ドロップキック。場外にでたオカダに後ろから殴り掛かる外道に怒ったオカダが追い掛け回すもその隙にジェイの攻撃を受け、鉄柵に打ち付けられてしまう。
 
 
さらに鉄柵やエプロンにオカダの背中を執拗にぶつけるジェイ。腰にテーピングを巻いているオカダは悶絶。腰に絡みつき絞り上げるジェイ。さらにヒザをテーピング部分に叩きこむ。ナックルも腰に打ち込みバックブリーカーでさらにダメージ部分を重ねる。
 
腰に膝をあてつつ首を絞るジェイ。オカダは手を開いて抵抗するもジェイのヒザが2発オカダの腰に突き刺さる。ロープにふって帰ってきたきたオカダの腰を更に殴打。オカダはフラップジャックで逆襲。
 
オカダはバックエルボー連発でペースを取り戻し「コウベー」と叫ぶ。DDTでジェイの脳天をリングに突き刺すや観客に拍手を求めるオカダ。しかしこれを外道が邪魔し花道にオカダが追いかける背後にジェイが迫るがオカダは2人まとめて花道でDDT。オカダは外道の帽子を被っておどけてみせた。
ナックルとエルボーでジェイに攻撃するオカダだったが、ジェイはDDTで反撃。コーナーにオカダを叩きつけエルボー連打から雪崩式を狙うジェイをオカダは叩き落とす。ジェイはオカダをひねって投げ飛ばす。
 
エルボー合戦で勝ったオカダは「どうしたジェイ、こいコラ!」と叫ぶ。逃げ回るジェイ。暗躍する外道をドロップキックで2人まとめてぶつけるオカダ。しかしオカダの2本目のドロップキックはかわされてしまう。
 
ここでジェイはレインメーカーポーズで挑発。掟破りのレインメーカーを狙うもこれをオカダは阻止。
 
高さのあるドロップキック→ツームストンパイルドライバー→変型コブラクラッチとオカダの勝利の方程式で逆襲。外道の「ムーブ、ムーブ」の声がとどろく。
 
ブレードランナーを狙うジェイにローリングラリアットでオカダは対抗するもジェイは投げ返す。SSS(スナップスリーパースープレックス)を狙うジェイだったが、互いに切り返し合戦。オカダはドロップキックで返し、外道にジョンウー。変型コブラクラッチをサミングでしのぐジェイに更なる変型コブラクラッチ。
 
 
逃れられないジェイだったが、外道がイスを投げ入れレフェリーが目をとられた隙にジェイのローブロー。
 
とどめとブレードランナーを狙うジェイにオカダは変型コブラクラッチで切り返すも浅く、SSSでジェイが投げ飛ばして一気呵成のブレードランナー。オカダは仇敵のジェイにスリーカウントを許してしまった。
 
▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖オカダ・カズチカ vs ジェイ・ホワイト〇
(1勝2敗=2点) (3勝=6点)
18分48秒  ブレードランナー→片エビ固め
 
ジェイはこれで3連勝。
 
<試合後のリング上>
ジェイ「(※辻とゲイブリエルに肩を借りて引き揚げていくオカダの後ろ姿を目で追いながら)オカダ、オカダ、オカダ! 退場する前に俺から一つ言わせてくれ。オカダ……『サンキュー』とだけ言わせてくれ。俺と外道の記念日を祝ってくれてありがとう。俺と外道がプロレス史上もっとも衝撃的な瞬間を作ったあの日から2年だ。オカダ、お前がこの場で一緒に祝ってくれたことに感謝してるよ。オカダ、確かに2年前のあの日は、お前にとっては苦い思い出だろう。でも、あの歴史的瞬間にかかわれただけでも喜ばしいことだと思わないか? でも、お前はもう過去の人間で、俺は現在と未来を進んでいる。いいか、これは『G1』じゃない。“Jay1”だ。記憶力が悪いお前たちに、もう一度ここで思い出させてやる。俺は“ラスト・ロックンローラ”“キングスイッチ”。たった一人の力でマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)を完売させた。そしてこの“Jay1 CLIMAX”、俺は無敗。お前たちファンにできることといえば、俺の新時代でスイッチブレードと共に呼吸することだけだ」
 
<バックステージ>

ジェイ「(※コメントスペースにイスが用意されているのが目に飛び込んできて笑顔がこぼれる。投げキスをしてから外道と並んで座る。集まった記者に向かって)もう、俺の勝者コメントも見慣れてきたもんだろ? 俺の公式戦は常に勝つ方に賭けた方がいいぞ。この“Jay1”、現在の俺の成績は3勝0敗。このリーグは『G1』じゃない。俺のものだ。開幕戦から3連勝。これでわかっただろう。2年前のコーベで俺とゲドーがプロレス界をひっくり返し、プロレス史上もっとも衝撃的な瞬間を作った。ニュージャパンだけにとどまらず、プロレス界が丸ごと激変した。オカダ、お前がいなければ、あの瞬間は生まれなかった。だから礼を言うよ。いまだにゲドーに『なぜオカダを裏切って、凱旋帰国したばかりのジェイと結束したのか?』と問うファンがいるが、それだけゲドーには先を見越す力があるからに決まってるだろ。お前らファンの基準で俺たちをはかるな。なぜゲドーが俺を選んだのか、考える意味もない。お前らは黙ってろ。知った気になって語るな。俺はたった2年で3つのベルトを巻いてきた。今日またオカダを倒し、これであいつとの戦績は3勝1敗だ。イブシとの戦績は2勝1敗。この結果にゲドーの天才ぶりが証明されてるな。お前ら知った気になって、俺とゲドーを批判するな。俺たちは誰も追いつけないレベルにいる。最強だ。“Jay1”は俺たちのもの。ニュージャパン・プロレスリングは俺たちBULLET CLUBのものだ。それが気に入らないとぬかそうともな……お前らにはせいぜい、ただ黙って呼吸しながら見てるだけしかできないんだ」

※オカダはヤングライオンに両肩を借りながら、ノーコメントで控室へ直行。

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事