【WWE】中邑&セザーロが連携キンシャサ弾で王座防衛に成功

日本時間9月28日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」が配信された。

◆中邑&セザーロが連携キンシャサ弾で王座防衛に成功

王者中邑真輔&セザーロがPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」のキックオフショーで抗争するルチャ・ハウス・パーティのカリスト&リンセ・ドラド(withグラン・メタリック)とスマックダウンタッグ王座戦で激突した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合前からチャンピオンラウンジでシャンパン片手に余裕を見せた中邑&セザーロはドラドをコーナーに追い詰めて捕まえると中邑がニー・ドロップ、セザーロがビックブーツやアッパーカットを放って攻め込んだ。

一方のルチャ・ハウス・パーティも交代したカリストがクロスボディやDDTで反撃すると、カリスト&ドラドが連携したDDTやムーンサルト3連打をセザーロに決めるもカウント2。

ルチャ・ハウス・パーティのチームワークに苦戦する中邑&セザーロだったが、中邑がリバースパワースラムでドラドをバリケード外に投げ飛ばすと最後はセザーロのジャイアントスイングから中邑がキンシャサを叩き込む連携技でカリストを沈めて3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ルチャ・ハウス・パーティとの2度目の王座戦でも防衛に成功した中邑&セザーロはベルトを掲げて王者としての実力をアピールした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事