【新日本】vsジェフ・コブをカミゴェで飯伏が制す!飯伏「開幕して歯がもうグラグラしてるんですよ。ほとんど歯がないです」9.30 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 後楽園

筋肉対決を制したのはゴールデンスターだ!
 
30日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの4日目を後楽園ホールで開催。飯伏幸太とジェフ・コブの筋肉対決が実現した。
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月30日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人
 
ミスターアスレチックスのジェフ・コブと筋肉隆々のベストボディ飯伏幸太の戦い。互いに筋肉自慢の世界中のファンが注目する対決だ。
 
序盤は異種格闘技戦の様に間合いを取る両者だったが、ジェフコブがタックルの体勢から飯伏を裏返していくもロープブレイク。ジェフコブはフロントチョークの体勢をとり、飯伏を腰投げするやこれをヘッドシザースで切り返す。
 
強烈な逆水平を打ち込んだコブに対して飯伏も負けじとエルボー。コブのナックルと飯伏の蹴り合戦は、飯伏がスピンキックからその場飛びのムーンサルト。ロープに走った飯伏に打点の高いドロップキックをみせるコブ。
 
さらに飯伏の腰へヒザ2発。一本足頭突きを連発するコブに飯伏も殴り返すもフロントスープレックスで投げ飛ばされてしまう。コーナーに飛び込んだコブをかわした飯伏はフランケンシュタイナー。更に場外へプランチャ。
 
観客も手拍子で「イ・ブ・シ!イ・ブ・シ!」と後押しする。スワンダイブでの攻撃をかわされた飯伏だったが飛び越えたコブを踏みつける機転。
 
膝立ちの飯伏に蹴り2発。3発目はコブに受け止められバックドロップ。
 
コブはコーナーにタックルで飯伏を叩きつけ、フライングバックエルボー。ロープにしがみつく飯伏を力で人形の様に引っこ抜き、アスレチックスープレックス。さらにその場飛びのムーンサルト。
 
蹴りあいから飯伏がぶん殴り式のラリアットを出すもコブは倒れず。逆にかちあげ式のラリアットで飯伏を倒す。
 
さらにロコモーション式でサイドスープレックス2連発。
 
3発目はファイアーマンズキャリーに持ち上げてF5。
 
ツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うコブの側頭部に蹴りを入れて回避した飯伏はカミゴェを狙うも、これをかわされる。
しかしカウンターの飛び膝蹴りでコブを朦朧とさせ、カミゴェを叩きこみスリーカウント。飯伏が3勝目をあげた。
 
 
▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇飯伏幸太 vs ジェフ・コブ✖
(3勝1敗=6点) (1勝3敗=2点)
10分43秒  カミゴェ→片エビ固め
 
 
<バックステージ>

飯伏「ヤバイヤバイ。(ジェフ・コブ選手とは)初対決だけど……本当に強いね。やっぱオリンピック選手だけあって、もとのパワーが全然違いました。始まってね、開幕して歯がもうグラグラしてるんですよ。ほとんど(歯が)ないです。はい、はい、はい。それぐらいね過酷だったです。まあ僕はでも、歯なんか、それよりも『G1』優勝の方が欲しいから。絶対、今日も寝れない。忘れない。諦めない。裏切らない。変わりないから。次も同じ。オスプレイ、用意しとけよ」

ジェフ「新日本のオフィスにもっともっと新日本のリングに上がりたいって伝えたんだ。そして結果、『G1』出場選手にも選ばれた。『G1』の舞台に上がれるのはほんの一握りの数だから名誉なことだ。公式戦はどれもキツいし、この腕を見てわかるようにちょっと出血もしてる。でも、こんなケガは何てことない。結果は負けたけど、俺は落ち込んでないよ。さすがゴールデンスターのニックネームは伊達じゃないな」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事