【新日本】3連勝の作戦を上回ったジュースが矢野に土をつける!ジュース「おまえの手口はお見通しだ」10.1 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 新潟

無敗の矢野を研究しつくしたジュースが初黒星をつけさせた。

1日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの4日目をアオーレ長岡で開催。ジュース・ロビンソンと矢野通の頭脳戦が展開された。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月1日(木) 16:30開場 18:30開始
会場:新潟・アオーレ長岡
観衆:1,685人
 
3連勝中の矢野通は解説のミラノコレクションA.T.さんに「悪口言うなよ!」と言いながらの入場。一方のジュースはニューコスチュームにしてのG1。対戦成績は過去3戦ともジュースが勝利している。
試合開始と共にCHAOSの矢野通Tシャツをプレゼントする矢野。「ウェア、プリーズ」と今すぐ来てくれとアピール。ジュースがTシャツを着ている間に丸め込む矢野。
続いてアルコール消毒液を顔に吹き付けて丸め込む。たまらず場外に逃げて水で顔を洗うジュース。怒ったジュースはアルコール消毒液をジョボジョボと矢野の顔に振りかける。痛がる矢野。
 
矢野をコーナーに叩きつけキック連発のジュース。しかし矢野は振られた対角線のコーナーマットを外す。外したコーナーマットをジュースは元に戻すが、その隙に対角線のコーナーマットを外す矢野。コーナーマットを巡る攻防はジュースがうまくキャッチして切り抜ける。
花道に逃げて「ごめんなさい」と叫ぶ矢野。怒ったジュースは矢野にもらったTシャツを破き股にこすりつける。「Youカモーン」と互いに呼び合うもジュースは花道につり出されてしまう。
 
すると矢野が花道でジュースの足をテーピングでぐるぐる巻きにしてマーメイド状態に。
ジュースは両足が縛られた状態で両足ジャンプで辛くもリングイン。両足を縛られたまま矢野を追いかけるも逃げ回る矢野。
矢野の攻撃に対して両足を縛られたままフルネルソンバスターを決めるジュース。
 
そしてテーピングをはがす。ナックルパートを矢野に叩きこみペースを取り戻す。
 
矢野はレフェリーのブラインドをついて急所蹴りを敢行しようとするもこれは読まれて失敗。
 
パルプフリクションを狙ったジュースを矢野はうまく丸め込みにいったが、その途中でジュースが上からつぶしてスリーカウント。無敗の矢野の作戦をことごとく上回りジュースが矢野に黒星をつけた。
 
▼第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
〇ジュース・ロビンソン vs 矢野通✖
(3勝1敗=6点) (3勝1敗=6点)
6分42秒  エビ固め
 
<バックステージ>

ジュース「コーラクエンで俺は何て言った? 絶対に俺が勝つって言っただろ。ヤノ、お前は腐る程トリックを持ってるけど、俺にはおまえの手口なんか一切通用しないんだよ? お前はそのやり方で、タナハシ、オカダ、ナイトー、ジェイ・ホワイト、誰が相手でも勝ちを取ってきた。でも、おまえの手口はお見通しだ。丸め込みで来るのだってわかってたさ。コッチもこないだ丸め込みでタナハシに負けてるから、また同じ技で負けるわけにはいかなかった。次はヒロシマでEVILか……。アイツにはまだ一度も勝ったことがない。でも、今回は違うぞ。次勝てれば、俺の『G1』最高記録に並ぶ。テンション上がってきたぞ!絶好調だ! (日本語で)バッチリデス! イチバン、セクシー! EVIL、覚悟するがいい!」

矢野「痛い痛い痛い痛い! 目がよく見えないよぉ! こんなんでできるか、バカ野郎、おい!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事