【WWE】ドラフト初日でアスカはロウ残留、AJスタイルズはロウ、ロリンズはスマックダウンに移籍

日本時間1010日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

2日に渡り開催される「WWEドラフト」の初日がスマックダウンで行なわれた。

WWEチーフ・ブランディング・オフィサーのステファニー・マクマホンがオープニングに登場すると、ラウンド1としてロウがWWE王者ドリュー・マッキンタイア、ロウ女子王者アスカ、ハート・ビジネス、スマックダウンがユニバーサル王者ローマン・レインズ、セス・ロリンズの獲得を発表した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

その後もラウント4まで発表されると日本人ではアスカがロウ残留、さらにロリンズがスマックダウンに移籍すればAJスタイルズがロウに移籍。

ニュー・デイはメンバーが分かれてコフィ・キングストン&エグゼビア・ウッズがロウ移籍、ビックEがスマックダウンに残留するなど驚きの移籍が発表された。

ドラフト初日発表後、アスカは「私、ロウに決定になりました!うれしい!誰が来るかわからへんから問題やけれども。誰が来てもかまへん、かまへん!このタイトルだけは守って守って守り抜きますから見ててください」と王座防衛を誓った。

WWEドラフトは引き続き次週のロウ(日本時間10月13日J SPORTSで配信)でも実施される。

WWEドラフト結果(1日目:スマックダウンで実施)

ロウ:ドリュー・マッキンタイア、アスカ、ハート・ビジネス、AJスタイルズ、ナオミ、シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス、リコシェ、マンディ・ローズ、ザ・ミズ&ジョン・モリソン、コフィ・キングストン&エグゼビア・ウッズ、デイナ・ブルック、エンジェル・ガルザ

スマックダウン:ローマン・レインズ、セス・ロリンズ、サーシャ・バンクス、ビアンカ・ブレア、ジェイ・ウーソ、レイ&ドミニク・ミステリオ、ビックE、オーティス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事