【WWE】王座を逃したサーシャがPPV「ヘル・イン・ア・セル」でベイリーに再戦要求

日本時間10月10日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者ベイリーと“ボス”サーシャ・バンクスの元盟友によるスマックダウン女子王座戦が行われた。

サーシャは試合前から因縁のベイリーに平手打ちを放つとゴングと同時に襲い掛かって強烈なヒザを叩き込んだ。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに序盤からサーシャは必殺のバンク・ステートメントを2度も仕掛けてベイリーを追い詰めたが、ロープエスケイプで回避したベイリーはたまらずパイプ椅子攻撃を繰り出して反則裁定。

試合後、勝利したものの王座奪取を逃したサーシャはベイリーを蹴り倒すとパイプ椅子で滅多打ちにしたが、ベイリーは止めを狙うサーシャの隙をついて逃亡した。

試合後、サーシャは「ベイリーは臆病者だ!私とお前でヘル・イン・ア・セルで対戦よ。かつてはベストフレンドだったけど、お前からスマックダウン女子王座を奪ってやる」と王者ベイリーに再戦を要求した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事