【WWE】王者アスカとバトルロイヤルを制したラナのロウ女子王座戦が決定

日本時間1013日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

◆王者アスカとバトルロイヤルを制したラナのロウ女子王座戦が決定

ロウ女子王者アスカへの挑戦権をかけてナイア・ジャックス、シェイナ・ベイズラー、レイシー・エバンス、ナタリアら女子13人によるバトルロイヤルが行われた。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカがゲスト解説で見守る中、試合前に“大女”ナイアがマイクを取ると「このバトルロイヤルは明らかにシェイナか私の勝利になるわ。みんな自分でロープを越えてジャンプしたら」と挑発。

これで全員を敵にまわしたナイアとシェイナがゴングと同時に襲われると、アスカは「ほら、見てみろ!アホや!」とナイアを侮辱した。

さらにナイアは猛攻を凌ぐとタミーナやビリー・ケイらを次々と脱落させたが、犬猿パートナーのシェイナに裏切られて脱落。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤では最後まで残ったナタリアがレイシーをポストに叩きつけて勝利かと思われたが、隠れていたラナがエプロンにいたナタリアを蹴り飛ばしてバトルロイヤルを制した。

これによりアスカのロウ女子王座戦の相手がまさかのラナに決定。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この結果に驚いたアスカは「ビックリしたわ!バトルロイヤルでラナが勝つって…。OK!OK!その調子やったらわかった。やったるわ!やったるわ!ラナかかってこいや!おら」と新たな挑戦者に息巻いた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事