【新日本】ジェイがローブローでみのるに勝利!ジェイ「頭脳戦ではあいつは俺に勝てない」10.13 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 浜松

王様対決を制したジェイがAブロック突破に一歩前進した。

13日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの8日目を浜松アリーナで開催。鈴木軍のプロレス王・鈴木みのるとBULLET CLUBのKING SWITCHのキング対決が実現した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月13日(火) 16:30開場 18:30開始
会場:静岡・浜松アリーナ
観衆:1,372人

外道がイスを持ち出しレフェリーの注意を引き出した隙にジェイがイスを持ち出すもこれをみのるに取り上げられて逆に強烈なイス攻撃を背中に2発喰らわされる。

ジェイはコーナーにみのるを投げつける

ふてぶてしくふるまうジェイにみのるは強烈なエルボー一閃。打撃においての格の違いを見せつける

ジェイは老獪にみのるの足を痛めつけていく

ジェイはデスバレーボムでみのるを叩きつける

逆水平チョップを連発で叩きこむジェイ。みのるはこれを気合で耐えてみせる。

STOを狙おうとしたジェイの足をとらえたみのる。ヒールホールドにも移行し足を極めにいく。

ブレードランナーにいこうとしたジェイをみのるは腕ひしぎ逆十字で切り返す。ジェイはタップの意思表示をするも外道がレフェリーの目をひきつけて試合は続行。

試合も終盤、みのるの張り手連打をジェイがブレードランナーに切り抜けようとしたところをみのるがするりとかわしスリーパーの体勢に。ゴッチ式パイルドライバーで締めにいこうする。

外道がレフェリーの足をひっぱりブラインドをついたジェイがみのるの急所にローブロー。

悶絶するみのるに一瞬のブレードランナーをヒットさせてジェイが逆転勝利を飾った。

▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖鈴木みのる vs ジェイ・ホワイト〇
(3勝5敗=6点) (6勝2敗=12点)
20分30秒  ブレードランナー→片エビ固め

<バックステージ>

ジェイ「(※用意されていたイスに外道と並んで座る)なんでヤングライオンは誰も俺に氷を持ってこないんだ!? いつもイスを持ってくるあの女はどこだ!? あいつが氷を持ってこい!スズキ、EVIL、ユージロー…この3人について語ることがある。まずスズキ。また会社は俺が不利になるように仕組んでる。この“Jay1”、ファイナル2戦の相手はスズキとイシイ。スズキが俺を倒すと思ってたんだろ?でも俺が勝ったぞ。この一戦で俺がダメージを負うことを見込んで、最後の相手にイシイを持ってきた。でも最後は、どうせ今日と同じ結果に終わる。頭脳戦ではあいつは俺に勝てない。欠場した方がお前のためだぞ。それからユージロー。俺に3カウントを取らせてくれるはずだったのに、話が違った。金的攻撃まで仕掛けてきた。でも俺たちBULLET CLUBは、大丈夫だ。俺とユージローの関係にヒビなんて入らない。ゲドーも何も知らなかったと誓ってくれたし、EVILが仕組んだことでもないみたいだ。俺はゲドーの言葉を信じるし、あの後、ユージローから直接謝罪があった。俺の態度が不快に感じたらしい。リスペクトがなかったと。だから攻撃に出たらしい。でも俺は、その行動に出たユージローが立派だと思うし、ここできちんと謝らせてくれ。ユージローをバカにしたつもりは一切なかった。どうせまたファンはユージローがEVILと手を組むとか、好き放題言ってるんだろ?あり得ないことだ。俺とユージローには強い絆があるんだ。そして最後に……EVIL! お前のコメントを見たが、俺をもてあそんでる気でいるのか?その勇気は買うが、お前の思いのままに俺を操れると思ったら大間違いだぞ。マインドゲームは俺の得意分野だ。それに俺にはゲドーのバックアップがある。お前がやろうとしてることはムダでしかない。だから、やめた方がいい。EVILよ、黙って俺に従って一緒に呼吸していろ……。オイ、まだ氷はないのか?あの女はどこだ?(※立ち上がると、そう言いながら控室の方へ。その後ろを外道が「アイス!アイス!」と叫びながら追いかける)」

鈴木「(イスを片手に現れ)クソ野郎ーッ! (イスをバックステージのパネルに投げつけて)ああああああ! クソ野郎! おおおおおい! ジェイ・ホワイトーッ! 外道ーッ! (TVカメラマンの前でイスを振り上げ、そのまま後方に落としながら)ナメんなよ、どいつもこいつも!(と睨みつけて控室へ)」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事