【新日本】10.13浜松大会『G1 CLIMAX30』試合結果・バックステージコメント全文掲載

13日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの8日目を浜松アリーナで開催。

勝ち星5勝をあげているウィル・オスプレイ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、オカダ・カズチカの4選手の勝敗に注目が集まる中、飯伏とジェイ、オカダがそれぞれ勝利をあげ最終戦での優勝決定戦進出に王手をかけた。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月13日(火) 16:30開場 18:30開始
会場:静岡・浜松アリーナ
観衆:1,372人

【試合結果】

<第1試合>

▼第1試合 15分1本勝負
〇上村 優也 vs ゲイブリエル・キッド✖
8分37秒  かんぬきスープレックスホールド

上村「今日、いつも以上にゲイブの打撃がきつくて、途中飛びそうになったけど、でも、勝ちへの執念は絶対誰にも負けないから。以上です。ありがとうございました」

ゲイブリエル「(※左ヒジを押さえて引き揚げてくる。コメントスペースにたどり着くや両ヒザを着き、顔をフロアに埋める。しばらくの無言ののち、日本語で『クソッ』と吐き捨てて上半身を起こして立ち上がり)感情は全部吐き出した方がいい。自分の心の奥に閉じ込めたままでいたら、悲しい人間になってしまうと思わないか? その点、俺は包み隠さず、全部表に出すタイプだ。見たままの人間だし、自分が感じるまま思ったことを言葉にする。でも、時にはそのせいでうまくいかないこともある。勝ったらうれしくてすぐ調子に乗ってしまうから、集中力が欠けてしまう。そして今日みたいにつまずく。前回勝って、ユーヤとツジに対して偉そうな態度を取った結果がこれだ。今日のユーヤは明らかに俺より強かった。文句をつけるところがない。正々堂々と正面から闘った結果、俺が負けた。左腕に強いダメージを負って、ダブルアームスープレックスも返された。あいつは賢い選手だよ。まだデビューして2年そこらとは思えないほど、試合中も頭の回転が速い。やっぱりニュージャパンの道場は世界一なんだなと感じたよ。経験は俺より短いが、頭がキレる。これで成績はユーヤがトップか? 明日はツジが相手だ。2連敗してるから、相当気合いを入れてかかってくるだろう。気をつけないと。でも俺が見てるのはファイナルのリョーゴクだ。リョーゴクで俺の力を見せてやる。そこで結果を残してやる」

<第2試合>

▼第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖ウィル・オスプレイ (5勝3敗=10点)vs ジェフ・コブ〇(4勝4敗=8点)
12分21秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

ジェフ「よーし! ガチムチ・エキスプレスに2点追加だ! いやあ、強かったよ。ウィル(オスプレイ)は正真正銘ヘビー級になったんだな。ヘビー級で結果を残そうと頑張ってるよ。でも、俺もヘビー級だから……いや、スーパーヘビー級と言った方がいいな。ニュージャパンのリングで、もっともっと上にいきたい。誰が相手だろうと、俺にはスープレックスという武器がある。ウィル、少しホームシックにかかってるんじゃないか? 俺のスープレックスでイギリスまで吹っ飛ばしてやるぞ。もちろん目標は優勝だ。これで勝ち点は8か。残りあと1試合。(相手は)ユージローか……。俺はユージローを軽く見てなんていないぞ。ハワイにPIMPSはいないと思うし、スープレックスでついでにハワイまで送ってやるのもありだな。ガチムチ! 以上」

オスプレイ「(※ガックリ気落ちした表情で引き揚げてくる。コメントスペースにたどり着くや、崩れ落ちるように座り込む)イブシとジェイが負ければ、まだ俺にも優勝できる可能性は残ってるはずだ。そう、まだチャンスはある。ジェフ(コブ)の威力はすごいな。絶対に俺を倒すっていうすごい気合が伝わってきた。以前闘った時よりも強く感じた。それだけ俺がカッコいいから、みんなが狙ってくるんだな。ジェフは素晴らしいファイターだ。MSGでもシズオカでも負かされた。この敗北を絶対に忘れない。まだ可能性は残ってる。今年の『G1』、これまで以上に強い気持ちで挑んでる。自分を世界最高だと言い続けてるが、実際に俺以外にここまでできる選手はいないだろ? でも一人、超えなければいけない壁が……オカダだ。オカダは俺にとって兄のような頼りになる存在だ。ニュージャパンに来てからずっと、世話になってる。オカダは24歳で初めてIWGPヘビー級王者になった。一方、俺はもう27で、まだヘビー級に上がったばかりだ。『G1』はみんなが敵だ。オカダを超えないといけないし、超えられる自信がある。リョーゴクでの試合では一度だけ負けているけど、その時よりもっと強くなった。世界最高の強さを世界に見せつけてやる。俺はビリー・ゴート。これはあくまで『G1』の闘いであって、リングの外ではオカダのことが大好きだ。(※立ち上がりながら)さあ、ここから俺がスターになる」

<第3試合>

▼第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇飯伏幸太(6勝2敗=12点) vs 高橋裕二郎(8敗=0点)
12分28秒  カミゴェ→片エビ固め

飯伏「今日、一度も武器を使わず、彼と戦いました。僕は2年前まで彼と組んでて、まあいろいろ思う部分もあって、正直もう落ちたんじゃないかって思ってたけど、全然できるじゃねえかっていう。普通にセコンドとか武器とかそういうのを使わなくても、反則なしでもまだまだできるじゃねえかって、そう思いましたよ。6勝目。これから全勝。あと全勝ですよ。あと一つ、とりあえずあと一つ。まずそこから。正直楽しかった。ありがとうございます」

裕二郎「(バックステージに来るなり座り込んで)俺の『G1 CLIMAX』、まだまだ1勝もできてねえよ。他の選手のコメント聞いてたらよ、いるよな? 何回か勝ってるのに、負け越しているだけで優勝を諦めてる奴がよ。でもよ、俺はまだまだ諦めてねえからよ。別によ、優勝だけが全てじゃねえんだよ。俺はよ、最後の一戦までこの『G1 CLIMAX』諦めねえからよ」

<第4試合>

タイチ「残念だったな、高木ブー。(記者とTVカメラマンを見て)何だお前ら、高木ブーみたいなのが2人もいるじゃねえか。向こう側の誰かにいじられてたな、デブがいっぱいいるって。お前らのことか? 高木ブーが2人もいるじゃねえかよ。高木ブー……人の技パクって、それに頼っているようじゃまだまだだ(ニヤリ)。何が鷹木式だ。そんなもん俺には通用しねえんだよ。今日の試合、俺のほうが一枚上手だったようだな。いや、一枚、二枚、三枚上手だったようだな。残念だったな、高木ブー。でも、お前の外道クラッチ、効いたよ。あれが一番効いたよ。もうちょっと練習してみろ。上手くなんじゃねえか? 4敗……もうどうせねえんだろ、千秋楽? (記者たちのほうを見て)千秋楽の望みはねえんだろ? ないんだな、高木ブーども。まあいい。あとは関取に一番大事な勝ち越しに王手だ。と同時に、負け越しにも。7勝7敗、土俵際。そして、最後、両国国技館。関取の俺は両国国技館で、支度部屋でしっかり四股と鉄砲をして出てってやる。(一度戻りかけたが、思い出したように引き返してきて)おっ、そうだ。この間、ザックが勝ちを俺に捧げるって言ってたな。じゃあ、今日の勝ちは相方、ザックに捧げよう。ザック、悪いな。決勝には行けなくなっちまった。まあ、また最終日に会おうぜ」

鷹木「やられたよ。タイチの陽動作戦にまんまとやられたよ。本当にあいつ、曲者すぎるな。ああ、これで俺の秋は終わったのか? 俺の『G1』は終わったのか? 確かに決勝に行くチャンスはほぼゼロだろう。でも、終わりじゃねえ! あと一つ、肝心な試合が残ってるだろう。両国で鈴木みのる。俺は8.29神宮で惨敗したあのことを忘れたことないから。常に胸に置いていた。まあ、『G1』始まって今日の対戦が終わるまでは、鈴木みのるを忘れようと思ったけど、今もそうだ、あいつのテーマ曲が鳴ったら、憤りが半端ねえよ。このまま終わったら本当に悔しくて、忘れられねえ秋になっちまうから、なんとしても最後有終の美を飾るぞ。鈴木みのる……最後に! 大仕事してやろうじゃねえか。あの憎き鈴木みのる! おい、3つ奪ってやるよ」

<第5試合>

ジェイ「(※用意されていたイスに外道と並んで座る)なんでヤングライオンは誰も俺に氷を持ってこないんだ!? いつもイスを持ってくるあの女はどこだ!? あいつが氷を持ってこい! スズキ、EVIL、ユージロー…この3人について語ることがある。まずスズキ。また会社は俺が不利になるように仕組んでる。この“Jay1”、ファイナル2戦の相手はスズキとイシイ。スズキが俺を倒すと思ってたんだろ? でも俺が勝ったぞ。この一戦で俺がダメージを負うことを見込んで、最後の相手にイシイを持ってきた。でも最後は、どうせ今日と同じ結果に終わる。頭脳戦ではあいつは俺に勝てない。欠場した方がお前のためだぞ。それからユージロー。俺に3カウントを取らせてくれるはずだったのに、話が違った。金的攻撃まで仕掛けてきた。でも俺たちBULLET CLUBは、大丈夫だ。俺とユージローの関係にヒビなんて入らない。ゲドーも何も知らなかったと誓ってくれたし、EVILが仕組んだことでもないみたいだ。俺はゲドーの言葉を信じるし、あの後、ユージローから直接謝罪があった。俺の態度が不快に感じたらしい。リスペクトがなかったと。だから攻撃に出たらしい。でも俺は、その行動に出たユージローが立派だと思うし、ここできちんと謝らせてくれ。ユージローをバカにしたつもりは一切なかった。どうせまたファンはユージローがEVILと手を組むとか、好き放題言ってるんだろ? あり得ないことだ。俺とユージローには強い絆があるんだ。そして最後に……EVIL! お前のコメントを見たが、俺をもてあそんでる気でいるのか? その勇気は買うが、お前の思いのままに俺を操れると思ったら大間違いだぞ。マインドゲームは俺の得意分野だ。それに俺にはゲドーのバックアップがある。お前がやろうとしてることはムダでしかない。だから、やめた方がいい。EVILよ、黙って俺に従って一緒に呼吸していろ……。オイ、まだ氷はないのか? あの女はどこだ?(※立ち上がると、そう言いながら控室の方へ。その後ろを外道が「アイス! アイス!」と叫びながら追いかける)」

鈴木「(イスを片手に現れ)クソ野郎ーッ! (イスをバックステージのパネルに投げつけて)ああああああ! クソ野郎! おおおおおい! ジェイ・ホワイトーッ! 外道ーッ! (TVカメラマンの前でイスを振り上げ、そのまま後方に落としながら)ナメんなよ、どいつもこいつも!(と睨みつけて控室へ)」

<第6試合>

オカダ「『G1クライマックシュ』ってなんですか? 『G1クライマックシュ』って……、俺が優勝すんのは『G1クライマックス』だから。きついね。まあ、でもこういうきついことがあるからこそ、お客さんも盛り上がって、選手も盛り上がって、凄いハッピーな空間ができると思うんで。まあ、本当に僕は飯伏さんにもジェイにも負けてるんで、勝つしかないし。勝つだけじゃダメだし、他の2人が負けてくれること。まあ、情けないよね、選手としては。勝てば進出というような状態に持っていくのがオカダ・カズチカだと思うんですけど。まあ、でも、情けない姿、今回の『G1クライマックス』でたくさん見せてきたんで、こうやって強いオカダ・カズチカも見せてきて。任せてくださいよ。次はオスプレイ。まあ、何回も兄弟対決だというような感じでやってますけど、もう今のオスプレイとは兄弟対決だと思ってないし、しっかりと強い相手と戦う、そういういうふうに僕は思って、次の試合に臨んでどうしても勝たなきゃいけないんでね。それは向こうだって一緒だと思います。まあ、そういう戦いをお見せできるのが『G1クライマックス』だと思っているんで、あと少ししかないですけど、楽しんでくださいよ。ドンドン楽しくなるのはこれからですよ」

※石井はノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事