【WWE】中邑&セザーロが「ニュー・デイとの永遠の別れにしてやる」と挑発するも報復ならず 

日本時間10月17日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔&セザーロがシェイマスとタッグを組んでニュー・デイの6人タッグフェアウェル戦で激突した。

試合前、WWEドラフトでチームが分かれたニュー・デイのエグゼビア・ウッズが「人生でベストな6年だった。さあ、最後の試合だ」とフェアウェル戦に意気込むと、スマックダウンタッグ王座を奪われている中邑は「ただの別れではなく、ニュー・デイとの永遠の別れにしてやる」と挑発した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、中邑は得意のスピンキックからセザーロと連携してキングストンをマットに叩きつけて攻め込むと、ニュー・デイも連携したセントーンやスプラッシュ攻撃でセザーロに反撃して白熱の攻防を展開。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにセザーロがアッパーカット、中邑がスライディング・ジャーマン・スープレックスをウッズに決めると、セザーロのジャイアントスイングから中邑がキンシャサをキングストンに叩き込むも決定打とならず、最後はウッズ&ビックEがミッドナイト・アワーをシェイマスに決めて3カウント。

中邑&セザーロは王座を奪われたニュー・デイに報復することができず、ニュー・デイがフェアウェル戦で勝利して有終の美を飾った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事