【DDT】11.3大田区KO-D無差別級最後の前哨戦をカリスマ・佐々木大輔が王者・遠藤哲哉組に勝利!

 DDTプロレスの今年最後のビッグマッチとなる11月3日、東京・大田区総合体育館でKO-D無差別級王座に挑む、“カリスマ”佐々木大輔がラストの前哨戦で、王者の遠藤哲哉組に勝利し、巻き返しを図った。

 17日、「DDT TV SHOW! #10」(DDT TV SHOWスタジオ)が無観客で開催され、動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。

 メインイベントでは遠藤がマッド・ポーリーと組み、佐々木、大和ヒロシ組と対戦。9月27日の東京・後楽園ホールで、遠藤らは佐々木をダムネーションから追放し、カリスマは孤立無援となったが、3日の東京・成増アクトホールで大和が佐々木の救出に入って合体した。

 遠藤と佐々木は激しいエルボー合戦を何度も繰り広げるなど、お互いを強く意識。15分過ぎ、佐々木がペディグリー、トラースキックを見舞えば、

遠藤はオーバー・ザ・ヘッドキック、テツヤ・イン・ザ・スカイなどで応戦。

ポーリーに佐々木がスピア、大和がジャーマンで決めにいくも、これは遠藤がカット。

遠藤とぶつかったレフェリーが昏倒している隙に、佐々木が遠藤、ポーリーに急所蹴り。

佐々木はポーリーにイス攻撃の連打でダメージを与えると、ダイビング・エルボーから

クロス・フェースロックで絞め上げてギブアップを奪い、前哨戦を制した。

 マイクを持った佐々木は「遠藤! そのほかのヤツら、勝手にダムネーションを名乗りやがって。俺を追放したときの勢いはどうした? オマエの脳みそは俺が支配してる。ボロボロに墜ちて、気の利いた言葉も出てこないだろう。そのベルトを俺が奪って最後のメッキを剥がせば、昔のかわいい哲哉ちゃんに戻る」とアピール。

 怒った遠藤がラリアットから変型片翼の天使を繰り出すと、佐々木は大の字にのびた。遠藤は「俺はオマエに勝つことしか価値見いだせない。ベルトはどうでもいい。それだけ」と吐き捨てた。

 バックステージで佐々木は「やっと一発返した。メッキ剥がれるのが見えてきた。俺が塗ってやったメッキを。俺を追い出して、いい気になって。しょせんアイツの脳みそは俺に支配されてる。大和の脳みそも支配してる。どうやら立場は逆転してんじゃねぇか。こっちがホンモノのダムネーション。アイツのベルト奪い去って、バラバラにして、火あぶりにして、大和の海苔を塗ったくってやる」と王座奪取を宣言。

 一方、遠藤は「リングで言った通り。俺がわかってる。佐々木に塗られたメッキはボロボロに剥がれてる。最後の1枚がKO-D無差別級のベルト。自分を変えるために佐々木を倒す。俺が中心となって、新しいダムネーションをつくらなきゃ。人生を変えるため。ベルトとかどうでもいい。俺は佐々木に勝たなきゃ。オレ自身の人生変えなきゃいけない。遠藤哲哉が新しいダムネーションをつくっていく」と勝ちにこだわった。

DDT TV SHOW!#10
【日時】2020年10月17日
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ 3WAYマッチ 30分一本勝負
○高尾蒼馬 vs アントーニオ本多● vs 男色ディーノ
8分50秒 ラ・マヒストラル

▼第二試合 Eruption vs DISASTER BOX! 30分一本勝負
●坂口征夫&赤井沙希 vs 吉村直巳&平田一喜○
7分24秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

▼第三試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&●翔太 vs HARASHIMA&上野勇希○
10分17秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼セミファイナル イリミネーション8人タッグマッチ 時間無制限勝負
秋山準&大石真翔&渡瀬瑞基&岡谷英樹(4-3)竹下幸之介&彰人&勝俣瞬馬&青木真也
※1人残りで準烈が勝利。
【試合経過】
①●秋山 vs 竹下○
7分10秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○岡谷 vs 竹下●
7分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
③●岡谷 vs 勝俣○
11分17秒 エビ固め
※バズソーキック
④▲渡瀬 vs 青木▲
13分42秒 両者オーバー・ザ・トップロープ
⑤○大石 vs 彰人●
16分38秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥○大石 vs 勝俣●
18分17秒 フジヤマ・ニーロック

▼メインイベント Road to Ultimate Party 2020!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&●マッド・ポーリー vs 佐々木大輔○&大和ヒロシ
19分56秒 クロス・フェースロック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事