【新日本】KENTA丸め込みで内藤の夢を打ち砕く!内藤「EVILvsSANADAの最高のお膳立てをしちまったな」10.17 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 両国

内藤のG1制覇、他団体選手を挑戦者に迎えての防衛戦の夢はKENTAに丸め込まれて消えた。
 
17日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの9日目を両国国技館で開催。内藤哲也とKENTAが最終戦でぶつかり合った。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月17日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,917人
 
 
互いに相手をイライラとさせる間をとりながら戦うタイプの一戦。内藤は笑みを称えながら序盤を戦う。
 
内藤は首を中心に攻める。KENTAは場外に巧みに逃げて自分のリズムに引き込む。KENTAはリング下に持ち込んだUSヘビー挑戦権のブリーフケースを内藤の頭部にぶつける。更に場外フェンスに内藤を叩きつける。
 
 
一気呵成に内藤の首を絞めつけるKENTA。
 
 
内藤も負けじとバックエルボーから後頭部に低空ドロップキック。
内藤は後頭部にヒザを落として足でKENTAの首を絞めつける。
 
 
トルネードスタンガンで内藤をロープに首を叩きつけて首にエルボーを振り落とした。
 
フィッシャーマンバスターで内藤を投げ後頭部を蹴りつけるKENTA。
 
 
挑発に怒った内藤にDDTで脳天を突き刺す。コーナーでドロップキックを突き刺してからダイビングフットスタンプで内藤を踏みつけるKENTA。
 
内藤の旋回式DDTを切り返してKENTAは投げ飛ばす。強烈なヒザ蹴り敢行。
 
 
コーナーに持ち上げて内藤は雪崩式のフランケンシュタイナー。さらにグロリア。デスティーノを狙う内藤にそれを許さずKENTAはグリーンキラーで反撃。
 
 
KENTAは強烈な張り手を内藤に連発。go2sleepにいくKENTAに内藤はカウンターのデスティーノで返す。
 
 
打撃の応酬から内藤のバレンティアが炸裂。
 
 
とどめのデスティーノにいこうとしたところをKENTAが丸め込んでスリーカウントを奪った。
 
 
▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
✖内藤哲也 vs KENTA〇
(6勝3敗=12点) (5勝4敗=10点)
21分06秒 首固め  
 
 
内藤は優勝決定戦進出への権利を失った。KENTAは解説席の高橋ヒロムに近寄り「拍手をしろ」と詰め寄った。
 
 
<バックステージ>
KENTA「(いつものカメラマンを見つけ)やっぱり君だったんだ!! 約束……二人の約束守ってくれたんだ。なんで返事してくれないの……?約束守ってくれたんだよね?(※カメラがうなずく動きをみて笑顔で)ああ良かった……良かった。君おぼえてるかな?去年の11月……だったかな。去年の大阪で俺とTOMOがやった時、勝ったのTOMOって、俺が勝ったのに勝ったのTOMOって聞いたら大きく“うん”って頷いてたよね。あれおぼえてる?あれ地味にショックだったから。今日買ったのTETSUYA?( ※ カ メ ラ が首をふるのを見て)やっぱ君がいてくれたおかげだ。最近でもすっかりあの……あの太ってるやつの事もやっと、やっと頭の中から抜けきれた。消えてきたから、でもやっぱたまに白米食べてるとちょっと思い出しちゃう。あいつ“ゆかり”かけてたから。ゆかり派だからあいつ。まあ結局……今日はね、しゃべれないよ、そんな。TETSUYAだって、TETSUYA……TETSUYAまじ生徒にあんな、あんな教師……ちょっと頭回らない。……つまり俺が結局、何が言いたかったかっていうと『今シリーズここまで、一緒に戦ってくれてありがとう!』ちょっとゴメン、今のナシで、カット!こんだけ毎日やったらスベる時もあるっつーの!」
 
内藤「(膝をついて)ああ、クソぉ!クソッ!これでメインの結果がどうなろうと、俺はもう優勝決定戦に上がれない?これじゃあさあ、これじゃあ、1勝もできてない選手と一緒だから。この『G1 CLIMAX』は全員が優勝目指しているわけで、優勝以外の選手はハッキリ言ってみんな横一線だからね。このシリーズ、緊張感持ってやってきたけど、これで全部パーか。メインイベント、EVILvsSANADAの最高のお膳立てをしちまったな。今、たった今、脱落が決定したこの瞬間にね、この『G1 CLIMAX』を振り返るつもりもないし、今日の敗戦はショック以外何もないな。ちょっと言葉が見つからないよね。情けない結果になっちまったぜ、カブロン!」
 
(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事