【新日本】グレート-O-カーンとウィル・オスプレイのTHE EMPIREがタッグマッチでオカダ&SHOを粉砕!-O-カーン「ひれ伏せ、愚民ども!余の力が理解できたか?」10.18 G1 CLIMAX 30 優勝決定戦 in 両国

18日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 優勝決定戦を両国国技館で開催。第4試合で16日にオカダを襲ったグレート-O-カーンとオカダを裏切りCHAOS離脱を表明したとウィル・オスプレイがタッグマッチで登場した。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月18日(日) 13:00開場 15:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,928人
グレート-O-カーンはリングに這いつくばりながら不気味に入場
牙付きのマウスピースをはめた口で叫んで見せた
オスプレイは恋人のビー・プレストリーと仲睦まじく入場。コスチュームの色もおそろいだ。
 
グレート-O-カーンは奇怪な攻撃を次々と繰り出しオカダとSHOを苦しめた。
グレート-O-カーンは奇声をあげながらモンゴリアンチョップを繰り出す。
 
さらにセコンドのビー・プレストリーもドラゴンスクリューで加勢する。
 
 
最後はオスプレイが足4の字でSHOを固めている隙にオカダにオーカーンがアイアンクロースラムを決めた。
 
 
▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
✖SHO&オカダカズチカ(CHAOS)
vs
グレート-O-カーン&ウィル・オスプレイ〇(THE EMPIRE)
12分36秒  足4の字固め
 
 
<バックステージ>
オスプレイ「世界最高のレスラーのコメントが欲しいのか?言っただろ、ビーはただスタイルが良いだけの女じゃない。もちろん彼女のお尻は素晴らしいが……それ以上に危険な女だ。オカダ、ファンに目を向けることもなく、真っ先に俺に飛びかかってきたな。俺と1vs1でやりたくてたまらないのか?まずはグレート-O-カーンが相手になってやる」
 
-O-カーン「ひれ伏せ、愚民ども!余の力が理解できたか?オカダ……楽しみだなぁ!」
 
 
オスプレイ「グレート-O-カーンをナメてもらっちゃ困る。TVの前で飲んでるみんな、THE EMPIREに乾杯!高級レストランでステーキとワインでお祝いでもするか?」
 
ビー・プレストリー「ピザでもいい?」
 
オスプレイ「いいよ、ピザにしよう」
 
 
※オカダ、SHOともにノーコメントで肩を借りて控室へ。
 
怒るオカダを返り討ちにしたTHE EMPIRE…果たしてどこへ進んでいくのだろうか?目が離せない。
 
(写真提供:新日本プロレス)
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事