【新日本】みのるのNEVER無差別級王座に鷹木信悟が照準!ヒロムは金丸のIWGPジュニアタッグに挑戦表明!10.18 G1 CLIMAX 30 優勝決定戦 in 両国

18日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 優勝決定戦を両国国技館で開催。第2試合でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと鈴木軍がタッグでぶつかり合った。
試合後、それぞれ向かい合うベルトへの意欲を語り今後のベルト戦線が動き出した。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月18日(日) 13:00開場 15:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,928人
 
金丸はレフェリーをヒロムの前に投げつける
 
最後はヒロムのTIME BOMBが金丸に炸裂しスリーカウント
 
▼第2試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
〇高橋ヒロム&鷹木信悟(LIJ)
vs
✖金丸義信&鈴木みのる(鈴木軍)
11分54秒  TIME BOMB→片エビ固め
 
試合終了後もおさまらない両者
みのるはNEVERのベルトを見せつけて挑発
ヒロムはIWGPジュニアタッグベルトを持ち挑戦アピール
 
<バックステージ>

鷹木「鈴木の野郎! ナメやがって! 一昨日の負けなんてアイツ、何も感じてねぇぞオイ! ふざけやがって! だったらオイ、もう1回! 決着つけるしかないんじゃねぇか? 神宮の時に言ったように、どっちかがぶっ倒れるまで、病院送りにされるまで、とことんやろうじゃねぇか。新日本プロレス! カード組めよ。鈴木とのシングルマッチ! 秋に始まったことは、秋に終わらす。早急に組めよ! もちろん、NEVERのタイトルを懸けてだ! あの野郎、俺が持ってる時はよぉ、『宝物』とか言っといてよぉ、獲ったら獲ったでNEVERのベルトに対して何のリスペクトもねぇじゃねぇかオイ! あんなヤツが持ってたってなぁ、宝の持ち腐れだ! だったら俺が再び奪い返して、価値を高めてやるよ。とにかく新日本プロレス! 早急に組めよ、次の後楽園でもいいぞ? 俺は、いつでもやってやるからな!」

高橋「(※両手を広げて現れ)さあ! 決定したぞ! 決定したぞ! 世界で一番強いプロレスラーを決める大会、『BEST OF THE SUPER Jr』が、ついに開幕する! だがー! その前に、どうしても、どうしても、獲っておかなきゃいけないものがある! 必要な、ベルトがあるんだ! ジュニア、負けたまんまで、『BEST OF THE SUPER Jr』に出れるか? 出れねぇよなぁ? (※天を仰いで)あー、聞こえてくるぜ、みんなの声が、ほらー!『出れませんよー!』『無冠の人間なんて出ちゃいけませんよー!』『ヒロムはちゃんとチャンピオンじゃなきゃダメですよー!』って、聞こえてきてるだろ? 俺にも聞こえてきてるんだ、みんなに聞こえるように! だから、改めて言ってやる。金丸、デスペラードの持つ、IWGPジュニアタッグチャンピオン、俺たちに、俺と、BUSHIさんに、挑戦させろよ。もちろん、もらっちゃうよ~ん! IWGPジュニアタッグのベルト、俺とBUSHIさんで巻いて、2人でチャンピオンのまま『BEST OF THE SUPER Jr』に行く。俺は100%決勝に行き、優勝する。決勝の相手、BUSHIさん、BUSHIさん、来てくれるよね? 『BEST OF THE SUPER Jr』の前に、盛り上がろうぜ! 金丸とデスペラードの持つ、IWGPジュニアタッグ、俺とBUSHIさんで、いただくー!」

鈴木「オイ、鷹木信悟! 鷹木信悟! オイ、NEVERのベルト、俺からの命令だ。お前が獲りに来い。NEVER、この次の対戦相手は鷹木信悟、貴様だ。オイ、ぶちのめしてやるよ。前よりも、一昨日よりも、昨日よりも、今よりも! ぶちのめしてやる……ぶち殺してやる! ヘヘヘ! お前、俺の(囁くように)生贄になれ……」

※金丸はノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事