【WWE】サーシャが元盟友の王者ベイリーに王座奪取と因縁決着を宣言

日本時間1024日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 “ボス”サーシャ・バンクスが先週の調印式でサインを拒否したスマックダウン女子王者ベイリーを強襲し、サインを強要した上で王座奪取と因縁決着を宣言した。

王者ベイリーがリングに登場すると「今日インタビューを受けたが、くだらないサーシャの質問ばかり。サーシャが怖いだって?サーシャは王座挑戦に値しないだけよ」と元盟友のサーシャを侮辱した。

するとそこへ調印書を持ったサーシャが姿を現してサインを要求したが、ベイリーはパイプ椅子で襲い掛かって抵抗。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、サーシャは強烈なヒザ攻撃からパイプ椅子で押さえつけたバンク・ステートメントで締め上げてベイリーに無理やりサインをさせると、最後に「PPVで王座を奪ってお前との因縁を終わらせる」とベイリーに王座奪取と因縁決着を宣言してリングを後にした。

元盟友対決となったベイリー対サーシャのスマックダウン女子王座ヘル・イン・ア・セル戦が行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間1026日にWWEネットワークで配信される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事