【WWE】オートンがマッキンタイアとの死闘の金網戦を制してWWE王座を戴冠

日本時間10月26日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「ヘル・イン・ア・セル」が配信された。

◆オートンがマッキンタイアとの死闘の金網戦を制してWWE王座を戴冠

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者ドリュー・マッキンタイアが“毒蛇”ランディ・オートンとPPV「ヘル・イン・ア・セル」のWWE王座ヘル・イン・ア・セル戦(金網戦)で激突し、オートンが死闘を制して新WWE王者となった。

試合前からオートンが入場するマッキンタイアを待伏せして場外乱闘となると、試合開始後はマッキンタイアがオートンを金網やポスト、鉄製ステップに叩きつけて圧倒した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、オートンがマッキンタイアのクレイモアをかわしてパイプ椅子攻撃や鉄製ステップにマッキンタイアを叩きつけて反撃すると、マッキンタイアもクローズラインやベリー・トゥ・ベリーでオートンをテーブル葬にして激しい攻防を展開した。

中盤にはオートンがボルトカッターで金網のチェーン鍵を切り落してマッキンタイアを金網の天井に誘い込むと、マッキンタイアが馬乗りになってオートンに殴り掛かったが、オートンも用意していたパイプ棒で反撃。

さらに2人は金網側面でも激闘を展開すると、オートンの攻撃でマッキンタイアが落下して解説席に激突した。オートンはこれで大ダメージを負ったマッキンタイアにRKOを狙ったが、これをかわしたマッキンタイアがオートンに渾身のクレイモア弾。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてマッキンタイアが場外に回避していたオートンをリングに戻して止めのクレイモアを狙ったが、最後はこれをかわしてオートンが必殺のRKOを炸裂させて3カウント。

オートンがマッキンタイアとの金網戦を制して新WWE王者となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事