【DDT】秋山準が初出場!最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」出場選手、並びにブロック分け決定!

 
DDTプロレスは、DDT最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」の出場選手、並びにブロック分けが決定したことを発表した。
 
今回のリーグ戦は、2ブロック制を採用し、全8大会で開催される。
 
14名の選手がA・B各ブロックに分かれ、公式戦を6試合おこない、A・B各ブロック1位の選手が最終日に優勝決定戦を争う。
 
試合形式は公式戦が30分一本勝負。優勝決定戦は時間無制限一本勝負。あらゆる勝ちは2点、あらゆる負けは0点、あらゆる引き分けは1点。同点の場合は最終戦で優勝戦進出者決定戦をおこなう。
 
公式戦の日程は決定次第、発表される。
 
【Aブロック】
竹下幸之介(4度目の出場/第2回優勝)
HARASHIMA(4度目の出場/第1回準優勝)
佐々木大輔(4度目の出場)
坂口征夫(3度目の出場)
彰人(3度目の出場)
MAO(2度目の出場)
クリス・ブルックス(2度目の出場)
 
【Bブロック】
遠藤哲哉(4度目の出場/第3回準優勝)
樋口和貞(3度目の出場)
高尾蒼馬(4度目の出場)
大石真翔(初出場)
上野勇希(2度目の出場)
勝俣瞬馬(初出場)
秋山準(初出場)
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事