【ドラゴンゲート】11.15 KOBE プロレスフェスティバル 2020 凱旋のシュン・スカイウォーカーがEitaに勝利しドリームゲートを戴冠!次期挑戦者にかつての盟友のBen-Kが名乗りをあげる!吉野は2021年8月1日に引退記念試合

15日、ドラゴンゲートは神戸ワールド記念ホールで「KOBE プロレスフェスティバル 2020」にて全9試合を実施。

メインイベントのオープン・ザ・ドリームゲート選手権試合では挑戦者で凱旋帰国したシュン・スカイウォーカーが新技のSSW(旋回式リストクラッチ・ブルーサンダー)で王者のEitaを破り新チャンピオンとなった。

試合後にはかつての盟友であるBen-Kが次期挑戦者に名乗りを上げた。

また2020年いっぱいでの引退を宣言していた吉野正人が2021年8月1日の神戸ワールド記念ホールで引退記念試合を行うことを発表した。

各試合結果は下記の通り

KOBE プロレスフェスティバル 2020

2020 年 11 月 15 日(日)15:00 試合開始
会 場:兵庫・神戸ワールド記念ホール

観衆:2,386 人

【第1試合=60分1本勝負】★オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
○《王者》奥田啓介(10 分 26 秒 胴締めスリーパー)《挑戦者》石田凱士●
★王者が初防衛に成功

【第 2 試合=時間無制限】★9 選手参加バトルロイヤル
敗退順…このまま市川→ホーホー・ルン→ディアマンテ→ジミー→スペル・シーサー
→Gamma→しゃちほこBOY
※決勝:○ H・Y・O(6分1秒 エビ固め ※丸め込む)問題龍●

【第3試合=30 分 1 本勝負】
○菊田円 亀井丈人 VS ボックR清水 斎藤了●
8 分 26 秒 エビ固め→ローリングラリアット

【第 4 試合=60 分 1 本勝負】★スペシャル 8 人タッグマッチ
のはしたろう ●K-ness.   神田裕之 横須賀ススム

VS

堀口元気 ドン・フジイ 望月成晃 TARU ○
13 分 9 秒 エビ固め ※TARU ドリラー

 

【第 5 試合=60分1本勝負】★スペシャル・シングルマッチ
●ダイヤ・インフェルノ(5 分 2 秒 反則勝ち ※マスク剥ぎ)ドラゴン・ダイヤ○

【第6試合=60 分 1 本勝負】★スペシャル6人タッグマッチ
●パンチ富永 ストロングマシーン・J  Kzy 

VS

大鷲透 土井成樹 吉野正人 ○
14 分 00 秒 ソル・ナシエンテ

【第 7 試合=60 分 1 本勝負】★オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定戦
○KAI  B×Bハルク VS 箕浦康太● YAMATO
15 分 00 秒 片エビ固め

※メテオインパクト

※KAI ★ハルク&KAI 組が第 50 代王者組に

【第8試合=60分勝ち残り戦】★オープン・ザ・トライアングルゲート選手権 6 人タッグ 3WAY マッチ
《王者組》SB KENTo KAZMA SAKAMOTO 吉田隆司

《挑戦者組》Kegtora ドラゴン・キッド 吉野正人

《挑戦者組》U-T ヨースケ♡サンタマリア Ben-K

1)○KENTo(17 分 20 秒 SB シューター)U-T●
2)○KENTo(21 分 6 秒 SB シューター)吉野●
★王者組が初防衛に成功

【第9試合=60分1本勝負】★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
●《王者》Eita(20 分 22 秒 エビ固め→SSW)《挑戦者》シュン・スカイウォーカー○
※シュンが第 32 代王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事