【DDT】UNIVERSAL王者・上野勇希がKO-Dタッグ王者の樋口和貞を退け「D王」公式戦で好発進!

 3日の大田区大会で、クリス・ブルックスを破り、DDT UNIVERSAL王座に戴冠し、シングルプレイヤーとしての確立を図る上野勇希が、「D王 GRAND PRIX 2021」公式戦で好発進した。

 22日、後楽園での開幕戦のAブロックで、上野はKO-Dタッグ王者の樋口和貞と対戦。体格やパワーでは劣る上野だが真っ向勝負で臨み、樋口の強烈なチョップには、激しいエルボーで対抗するなど互角の闘いを展開。10分過ぎ、上野はハーフネルソン・スープレックス、ブリザード・スープレックスホールド、ノーザンライトボム、フロッグスプラッシュと怒涛の攻め。これをカウント2で返された上野は、BME(ベスト・ムーンサルト・エバー)、WRを繰り出して、3カウントを奪取した。

 一つの壁ともいえた樋口を突破した上野は「僕はUNIVERSALのチャンピオンとして出場しています。だから僕がチャンピオンなんだってところを、みんなに伝えたいシリーズでもあって。やっぱり目的は優勝することです。樋口さんに勝てる姿は、今朝まで、なんなら試合中も思い描けなかったんですけど、なんとか本当に(勝てた)。樋口さんから1勝取れたっていうのは本当に大きくて! マジで優勝目指せると思うし、『D王』突っ切りたいですね。デビュー戦からボコボコにされ続けてきた男なんで、自信としても、結果としてもとても大きいと思います」と笑みを見せた。

 

 樋口は「正直なめていた部分があったかもしれない。想像を越えていた。強いな! ただ初戦、黒星一つ付いたけど、まだここから。俺の知っている上野勇希ではなかった。今日は、気迫とか執念かな。今日は負けです」と話した。

D王 GRAND PRIX 2021 in KORAKUEN HALL!
【日時】2020年11月22日(日)
【会場】東京・後楽園ホール

▼アンダーマッチ 15分1本勝負
○渡瀬瑞基&岡谷英樹 vs 納谷幸男&中村圭吾●
5分54秒 エビ固め
※ウラカンラナを切り返す

▼オープニングマッチ 4WAYタッグマッチ 30分1本勝負
○坂口征夫&赤井沙希 vs 高尾蒼馬&マッド・ポーリー vs 大鷲透&平田一喜 vs 男色ディーノ&アントーニオ本多●
7分23秒 アナル・スリーパーホールド

▼第二試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○彰人 vs MAO●<1戦1敗0点>
7分8秒 オクトパスドリーム

▼第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○HARASHIMA vs クリス・ブルックス●<1戦1敗0点>
11分13秒 片エビ固め
※蒼魔刀

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1敗0点>●竹下幸之介 vs 佐々木大輔○<1戦1勝2点>
13分45秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第五試合 Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○大石真翔 vs 勝俣瞬馬●<1戦1敗0点>
7分39秒 フジヤマ・ニーロック

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○上野勇希 vs 樋口和貞●<1戦1敗0点>
11分49秒 体固め
※WR

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○遠藤哲哉 vs 秋山準●<1戦1敗0点>
14分0秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

(写真提供:DDTプロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事