【新日本】SHOがヒロムとの激闘を制し首位に並ぶ!「今年もこの『SUPER Jr.』この俺SHO、いや俺たち新日本ジュニアと一緒にシビれようぜ!」<12.2大阪>

新日本プロレスは2日、大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第6試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月2日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
観衆:1,220人

▼第6試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
〇SHO (5勝2敗=10点)
vs
×高橋 ヒロム(5勝2敗=10点)
24分53秒  ショックアロー→片エビ固め

 

▼試合後、SHOのマイク
「まず大阪のみなさん、本当に応援ありがとうございました!そして高橋ヒロム、あなたとの試合はメッチャ興奮したぜ。ここにいるみなさんもそして『ワールド』を見ているみなさんもたぶん知らないと思いますけど、俺はこうやってしゃべるのが苦手なんだ。だから、今日は下手なこと言わねえで素直な気持ち言わせてもらう。今日ここで高橋ヒロムに勝ったのはメチャクチャうれしいよ。メチャクチャうれしい!でも俺はそんなんじゃ、満足いかねえんだよ!今年こそ!今年こそだ、今年こそ『SUPER Jr.』優勝するのはこの俺だ!よし、今年もこの『SUPER Jr.』この俺SHO、いや俺たち新日本ジュニアと一緒にシビれようぜ!」

▼試合後バックステージコメント

 

ヒロム「(インタビュースペースにたどり着くと倒れ込んで四つん這いになり)こんなに、こんなに、こんなにも悔しくて……おかしいこと言うぞ? おかしいこと言う。自分で言ってて、変だと思う。こんなに悔しくて、こんなにうれしい負けは初めてだ。こんな思いになってしまったら、俺自体が許せない。

なんだ、この数カ月、あいつに何があった? 信じられないぐらい強い。今年、こんなに完敗だって思うのは2回目だな。でも、借りは返すぞ。SHO、そしてデスペラード、お前らに負けたままでいられるか。楽しみが増えた。それだけだ」

 

SHO「よし、これで勝ち点10。残すは上村、そしてチャンピオンの石森。相当厳しいな、このリーグ戦。でも、俺は勝ち上がるしかねえんだ、今年は。優勝、優勝、それしか見てねえ。今年の俺はネクストなんか見てねえんだ。今しか見てねえんだよ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事