【新日本】BUSHIがワトにエムエックスを炸裂させ快勝!ワト「この借りは必ず返させてもらう。こんな悔しい負けは本当にねえ」<12.2大阪>

新日本プロレスは2日、大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第4試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月2日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
観衆:1,220人

▼第4試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×マスター・ワト (4勝3敗=8点)
vs
〇BUSHI(4勝3敗=8点)
13分15秒  エムエックス→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

BUSHI「おい!今日勝って、これで4勝3敗。この得点状況の中、この間の後楽園、セミでIWGPジュニアのシングルのチャンピオンに負けたのは大きかったな。まあ、タラレバになっちゃうよ。そりゃ、俺ももちろんタップをした上で言ってんだ。でもな、今日、川人に勝って、これで4勝3敗。俺はこの『BEST OF THE SUPER Jr.』、もう3敗してるよ。まあ、決勝に行けるかどうかなんて危ういよな。この後のセミ、メインの結果次第だよ。でもな、例え3敗しようが、残りの試合、捨てはしない。これで諦めたわけじゃないんだよ」

天山「(ワトの首あたりをマッサージしながら心配そうな顔つきで)ワト、大丈夫か?大丈夫か?」

ワト「(荒い息遣いで)BUSHI!BUSHI!この借りは必ず返させてもらう。こんな悔しい負けは本当にねえ。『SUPER Jr.』、俺はまだ諦めてへんから。優勝して、やられた、俺を潰した全員、やり返してやる。それが俺の戦い方だ」

天山「ワト、よかった。最後の最後にもう一つ技をな、ガッチリ決められればよかった。やられてしまったのはしょうがないけど、まだ諦めんなよ! 3敗だ。3敗ぐらい、こっから巻き返せるって。なあ?諦めたらあかんぞ」

ワト「俺は諦めてへん!」

天山「あと二つ」

ワト「あと二つ、どちらも勝って、俺が『SUPER Jr.』獲ってやる!」

天山「そうや。ガッチリ!」

ワト「I will be the Grand Master……」

天山「OK!カモーン!(と言って、先に控室に戻るワトを見送ってから)ホンマ後半戦に入ってからね、こっからトントントンと勝ち星つけていかなあかんっていう時にね、このBUSHIに負けたっていうのはちょっと大きいね、今回は。こっから次の石森、そしてヒロムと勝ち上がって、負けは許されなかったけど。ホンマに負けてもうたらしょうがないですけど、こっからもう一回這い上がって、まだまだ諦めんなって。絶対、Never give up!あいつはもうそんだけの根性持ってるし、ワトはもう力を持ってるからね。このまま負けっぱなしで終わるような男じゃないから。こっからですよ。こっから盛り返して、奇跡の逆転の優勝。ワトがしっかりと頂点に立つとこ見たいですね。はい、OK!カモーン!(と言って立ち去る)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事