【新日本】小島が辻、ゲイブにメッセージ!「プロレスラーとして生きてきた経験値が違う。悪いけど、お前たちと比べてもらっちゃ困る」<12.2大阪>

新日本プロレスは2日、大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年12月2日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
観衆:1,220人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & 〇小島 聡
vs
×ゲイブリエル・キッド & 辻 陽太
8分58秒  ラリアット→体固め

 

▼試合後バックステージコメント

小島「さあ、残り一つか、ヤングライオンを相手にするのは。この放送は日本人だけじゃく、外国の人もたくさん見ていると思う。そういう人たちに対して、外国人であるゲイブ、本当によくがんばってると思う。彼に対して贈りたい言葉は“Never give up”だな。それは俺が若い時からずっと持っていた言葉。それをずっと諦めないで持っててもらいたい。今日もそういう気持ちが凄えよく見えた。辻も凄えがんばってたし。ただ、俺はこれまでのプロレスラーとして生きてきた経験値が違う。悪いけど、お前たちと比べてもらっちゃ困る。逆にお前らと同じになってしまったら、俺は明日から生きていけなくなってしまうんだ。な?とにかく、さっき言った“Never give up”、その気持ち。辻もそうだよ。とにかく諦めない気持ち。お前たち二人はもう既に強いんだから、これから先も、もっともっと強くなってくれよ」

本間「小島さんが“Never give up”つったろ?その“Never give up”という言葉は俺がもらいます。今日の試合、勝つには勝ったっすけど、誰がどう見たって、俺の負け。俺が負けてますから。もう悔しいっすよ。悔しさの他にないっすから。次、別府。俺が獲ります」

「いいか!俺の目標は東京ドームの第1試合。ただ、ただの第1試合じゃない。俺が望んでるのはヤングライオン同士によるシングルマッチだ。決して、第三世代とのタッグマッチじゃない。だからこそ、それまでに第三世代よりもヤングライオンのほうが第1試合に相応しいということを証明しなきゃならないんだ」

ゲイブリエル「(※辻がコメントしているところで入ってきて、辻の足元で崩れ落ちるようにフロアに顔をうずめる。辻がコメントを終えて先に控室に戻るも、しばらくは両ヒザをフロアに着き、なかなか言葉が出てこない)クソッ!今日こそはナガタサンに勝利を見せることができると思った。自分が3カウントもしくはギブアップを奪ってオッサンたちに勝つんだって、いつも以上に気合を入れて挑んでいったのにダメだった。おまけに自分が3カウントを取られてしまって情けない。経験では彼らを上回ることは一生無理でも、力でねじ伏せることはできるはずだし、今日こそは勝利を挙げてやるって思ってたんだ。この前、ナガタサンに褒めてもらって、今日は自信を持って向かっていけたけど、結局またやられてしまった。コジマ、俺なんかに勝って満足か? シンゴ(鷹木)やゴトーには勝てなくても、俺たち若手の上に立てればそれでいいのか?どうなんだ?答えて聞かせてほしい。俺はあなたを倒す。イツカ。今日のところは勝利に浸っておけばいい。でも、もう先輩とか後輩なんて関係ない。あなたを倒さないと俺の気が済まない。そしてニュージャパンのリングににふさわしい選手だってみんなに認めてもらう。覚悟しろよ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事