【新日本】『BEST OF THE SUPER Jr.27』優勝決定戦はデスペラード vs ヒロムに決定!「世界中にオレとオマエの歴史を見せてやろうぜ!」<12.6福岡大会>

  新日本プロレスは6日、福岡・福岡国際センター にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』と『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦を含む全10試合が行われた。

第9試合で行われた『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦では、6勝2敗(勝点12)のエル・デスペラードと4勝4敗(勝点8)のBUSHIの対戦は、デスペラードがヌメロ・ドスでギブアップを奪い勝利。

これにより勝点14でデスペラード、石森、ヒロムの3選手が並んだが、ヒロムと石森から勝利しているデスペラードが1位通過、石森に勝利しているヒロムが2位通過で11日の優勝決定戦で対決する。

試合後にデスペラードの呼びかけでリング登場したヒロムは「こんなに早く、オマエにリベンジできるなんて、オレはうれしいよ!(場内拍手)。しかも!日本武道館だぜ!?(場内拍手)。いい顔してんなあ。なあ、エル・デスペラード、世界中にオレとオマエの歴史を見せてやろうぜ!」とアピールした。

ヒロムは公式戦ではデスペラードに敗戦しているだけに連敗は避けたい。一方のデスペラードはヒロムに連勝して初優勝を掴み取りたいところである。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年12月6日(日)18:00開始
会場:福岡・福岡国際センター
観衆:2,389人

第9試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×BUSHI(4勝5敗=8点)
vs
〇エル・デスペラード(7勝2敗=14点)
12分53秒 ヌメロ・ドス
※デスペラードがリーグ戦1位で優勝決定戦進出

▼バックステージコメント

デスペラード「1位通過? ほう……過去、俺の人生で、なにかを1等賞で通り抜けたっつうのは……初めてかもね。…………記憶にねぇな。BUSHIに対しての言葉っつうのはリング上で吐いたからもういいや。あの通りだ。あとはよ……ああ、しゃべりてぇけど、なんも出てこねぇ。っていうか、試合のことも、正直覚えてねぇ。俺なに言った? よくわからん。…………チキショー、殴ったと思ったときの延髄(斬りが効いてるの)かな? (※次第に上半身がフラフラし始める)わかんねぇ、クソッ……。だけど、ヒロム、お前が出てきてくれて、俺も助かったぜ。まだ、あれか? (日本武道館での)試合順っていうのは決まってないのか? まあ、どっちでもいいよ。ヒロムとガッチリ、決着がつけられるなら、俺はどっちでもいい。もう、ダメだ……。(言いたいことは)あとでTwitterに上げるわ。(※控室に向かおうとしていたが立ち止まり)まあ、いいわ。あとで(メールで)送っとく。なんかTwitterって恥ずかしいな。お前らに送っとく。ちょっと2、3日開くと思うけど、待ってくれ……」

BUSHI「(※足を引きずりながら戻って来て、コメントスペースにたどり着くや崩れ落ちる。上半身を起こして)オイ、デスペラード、テメエ、テメエ! クソーッ!! 俺はな、お前のことなんて、大っ嫌いだ。だがな、認めてやる。クソッ……認めてやる。いまだけだ。今だけは認めてやる……」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事