【WWE】紫雷イオがラケルにピンフォールを奪取されてウォーゲームズ戦敗退

日本時間12月7日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンター内「キャピトル・レスリング・センター」にて行なわれた「NXTテイクオーバー:ウォーゲームズ」が配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆紫雷イオがラケルにピンフォールを奪取されてウォーゲームズ戦敗退

紫雷イオが電撃加入したチーム・ショッツィが因縁のチーム・キャンディスと「NXTテイクオーバー:ウォーゲームズ」の4対4女子ウォーゲームズ戦で激突するも、イオがラケル・ゴンザレスのパワーボムでラダーごと破壊されて屈辱の敗戦となった。

金網に囲まれた2つのリングで行われるウォーゲームズ戦がダコタ・カイ対エンバー・ムーンでスタートすると5分ごとにショッツィ・ブラックハート、ラケル、リア・リプリー、トニー・ストーム、紫雷イオが参戦。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオはラダー2本をリングに入れて参戦を狙うもトニーがベルトでドアを閉めてイオを場外に排除。

さらにイオが最終メンバーとして登場したキャンディス・レラエと対峙すると突如現れたインディ・ハートウェルが背後からイオを襲撃してドアにチェーン錠をしてしまう。

リングでは数的有利のチーム・キャンディスが竹刀で滅多打ちにして試合を優勢に進めると、ごみ箱を持ったイオがよじ登った金網トップからダイブ攻撃を繰り出してチーム・キャンディスを粉砕。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてイオはスレッジハンマー攻撃を繰り出すとトニーには619、キャンディスにはフラップジャック、ラケルにムーサルトを叩き込むもカウント2。

終盤にはエンバーがダコタにエクリプス、トニーがエンバーにストーム・ゼロ、ショッツィがキャンディスにラダートップからダイビング・セントーン、イオがダコタにムーンサルトと大技の攻防を展開したが、最後はイオがコーナートップからラケルにフランケンシュタイナーを狙うと、パワーに勝るラケルが強引に持ち上げるとそのままパワーボムでラダーごとイオを破壊して3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

NXT女子王者イオがラケルから屈辱のピンフォールを奪われてウォーゲームズ戦はチーム・キャンディスの勝利となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事