【WWE】“女帝”アスカがラナの好プレイでシェイナとの初対決を制す

日本時間12月8日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“女帝”ことロウ女子王者アスカ(withラナ)がWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー(withナイア・ジャックス)と初シングル対決で激突した。

PPV「TLC」のWWE女子タッグ王座戦で対戦することが決まった両者は序盤から足関節の取り合いで白熱の攻防を展開し、アスカがジャーマン・スープレックス、フェイスバスター、飛び付きアーム・バーと連続攻撃で攻め込むと、ヒートアップした両者はシェイナがキリフダクラッチ、アスカがアスカロックと大技を繰り出した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、場外で“大女”ナイアが“最弱”ラナを襲撃すると攻撃をよけられたナイアが鉄製ステップに誤爆、さらにラナがハリケーン・ラナでナイアを解説席に叩きつけることに成功。これで試合中のシェイナが取り乱すとその隙を付いたアスカが背後からシェイナを丸め込んで3カウント。

ラナの好プレイでシェイナとの初対決を制したアスカはラナと抱き合いながら勝利を喜んだ。

ところが試合後に次週のロウでラナ対ナイアの試合が発表されると、ラナは一転「1人でナイアと対戦なんてできない…」と落ち込んだが、アスカが「できるって自分を信じるねん」と励ました。

アスカ&ラナ対シェイナ&ナイアのWWE女子タッグ王座戦が行われるPPV「TLC」は日本時間12月21日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事