【新日本】内藤とのIWGPダブルタイトル前哨戦に勝利した飯伏「ちょっとコンディション悪いんじゃないの?『G1』2連覇がどれぐらい凄かったか、見せてやりますよ」<12.11日本武道館>

 新日本プロレスは11日、東京・日本武道館で『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』両リーグのダブル優勝決定戦を開催。

ダブルメインイベントの『WORLD TAG LEAGUE 2020 』優勝決定戦ではタマ・トンガ&タンガ・ロアが、『BEST OF THE SUPER Jr.27』では高橋ヒロムが優勝した。

この日の第4試合で、1月4日東京ドーム大会にてIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合で対戦する、二冠チャンピオンの・内藤哲也とチャンレンジャー・飯伏幸太がタッグマッチで激突。

試合は飯伏がBUSHIをカミゴェで沈めて勝利。試合後には内藤の決めポーズでお互いにやり合うなど東京ドーム大会に向けて二人の争いは激化しそうだ。

この結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年12月11日(金)16:00開場 18:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:3,564人

第4試合 30分1本勝負
マスター・ワト&〇飯伏 幸太
vs
×BUSHI&内藤 哲也
10分06秒 カミゴェ→片エビ固め

▼バックステージコメント

天山「OK、ワト! 大丈夫か?」

ワト「大丈夫です」

天山「(ワトの肩をペチペチ叩きながら)OK、良かったよ」

ワト「BUSHI、俺はお前に負けたことを忘れてねえ。次の『SUPER Jr.』ではお前から獲ってやる。そして、飯伏さん、楽しかったです(と言って、一人で引き上げようとする)」

天山「まあまあまあまあ(と、ワトを引き止め)、BUSHIにもやったけどね、内藤にトルニージョ? あれであいつ動けんかったよな? あれは凄いよ。しっかりと効いてるよ、あれね。もっと自信持って」

ワト「俺はどんなベルトも狙っていく。ジュニアだけではないんで」

天山「ヘビーも行けるんとちゃうか? なあ? 行ける、行ける!」

ワト「バルクアップして挑みたいと思います(と言って、今度こそ引き上げる)」

天山「行こう! OK!(とワトを見送ってから)まあ、あの『BEST OF THE SUPER Jr.』はもう終わってもうてあれですけど、また彼もジュニアヘビーの顔って言われるぐらい、着実に結果を出してほしいなと。まだまだ行けるし。お、ワト! まだあった? 来いよ!(と、またまたコメントブースに戻ってきたワトを呼び寄せる)。まだまだ行こうぜ、おい! チャンピオンでも、どんな奴でも、強い奴でも立ち向かっていけよ」

ワト「一つ、この『SUPER Jr.』、金丸義信、まあおらんかったけど、エル・デスペラード、お前に勝ってんだ。お前たちが持ってるそのジュニアのベルト、ジュニアのタッグのベルト!」

天山「(うれしそうに)OK!」

ワト「俺と……(天山のほうを見ながら)田口さん?」

天山「田口な! 監督!」

ワト「ジュニアタッグで挑んでやるよ!」

天山「行ける! 行ける!」

ワト「楽しみにしとけ」

天山「まずはジュニアのタッグや」

ワト「俺たちはお前らのチームから勝ってんだ! 俺とタッグパートナーの田口監督と狙っていきますよ」

天山「いいぞ! 今言った通りよ。このままの勢いで。あいつら、デスペと金丸。休んでんなって、金丸な。ジュニアのタッグチャンピオンだったら、俺らの挑戦受けろって。一発で獲ったるって。まあ、舞台はどこでもいい。まあ、ドームが一番いいんちゃう? (ちょっと興奮気味に)楽しみや! OK、ワトぉ!」

飯伏「時間はないよ、1月4日まで。ちょっとコンディション悪いんじゃないの? 僕は常にしっかり整えてますよ。ちょっとコメントだけじゃなくて、コンディションも良くしてもらっていいですか? これじゃあ獲られますよ、本当に。

『G1』2連覇がどれぐらい凄かったか、見せてやりますよ。まあ、いろんな影響でずっとできなかった期間があるけど、この1年で全然違う結果になると思うから。まあ、これから、いい意味で」

※内藤とBUSHIはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事