【DDT】遠藤哲哉が『2020年度プロレス大賞』技能賞を受賞!「前に進み続けるので遠藤哲哉から目を離すな」

 DDTプロレスの第75代KO-D無差別級王者・遠藤哲哉が、東京スポーツ新聞社制定2020年度プロレス大賞の技能賞を受賞した。

遠藤は、新型コロナウィルスの影響で見合わせとなった、さいたまスーパーアリーナの代替大会として行われた無観客による「WRESTLE PETER PAN 2020」にて、田中将斗からKO-D無差別級王座を奪還した。

さらには『KING OF DDT 2020』を制覇、11月3日大田区で佐々木大輔を挑戦者に指名して見事に防衛を果たして充実期を迎えている。

受賞を受けてのコメント
「株式会社Cyber Fight・DDTプロレス・第75代KO-D無差別級王者・DAMNATION・白石市観光大使の遠藤哲哉です。この度、東京スポーツ新聞社制定 2020年度プロレス大賞技能賞を受賞致しました。今年は世界的に大変な状況で安心できない日々が続きますが、俺たちプロレスラーはこれからも前に進み続けるので遠藤哲哉から目を離すな」

技能賞を受賞した遠藤は、2月14日カルッツかわさき大会にて、D王GRAND PRIX 2021優勝決定戦の勝者(竹下vs秋山)の挑戦が決定している。自身に満ち溢れている王者の戦いは注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事