【WWE】KUSHIDAが北米王者ガルガノと初対決もタッグ戦で無念の敗退

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間12月18日にNXTが配信された。連勝をキープしているKUSHIDAがレオン・ラフのパートナーに名乗り出てNXT北米王者ジョニー・ガルガノ&オースティン・セオリーとタッグ戦で激突したが、ラフがセオリーにアタクシアを決められて無念の敗戦となった。

KUSHIDA対ガルガノで試合がスタートするも、ガルガノがすぐセオリーに交代して心理戦を仕掛けるとKUHSIDAはグラウンドで圧倒したセオリーのお尻を叩いて挑発。

中盤にはラフが捕まって防戦となるとガルガノ&セオリーがラフにダブルスープレックスを狙ったところをKUSHIDAが助けて、逆にダブル・ドロップキックで反撃。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてKUSHIDAがハンドスプリング・ニールキックをガルガノに放つと、ラフもトップロープからのトペ・コンヒーロを繰り出して攻め込んだ。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはKUSHIDAがマサヒロ・タナカをセオリーの顔面にヒットさせれば、ガルガノがスーパーキックで反撃して白熱の攻防を展開したが、ラフがクルシフィックスボムをガルガノに決めると、これをカットしたセオリーがそのままラフにアタクシアを叩き込んで3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

連勝をキープしていたKUSHIDAがタッグ戦ながらも無念の敗戦を喫した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事