【WWE】“毒蛇”オートンが“不死身の悪魔”フィーンドを火葬

日本時間12月21日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「TLC」がライブ配信された。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆“毒蛇”オートンが“不死身の悪魔”フィーンドを火葬

“毒蛇”ランディ・オートンが“不死身の悪魔”こと“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットとファイアフライ・インフェルノ戦で激突した。

相手を燃やしたら勝ちとなる過酷な試合でフィーンドはヘッドバットやクロスボディ、シスター・アビゲイルをオートンに決めると、フィーンドの雄叫びと共に会場に火柱が上がった。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにフィーンドは炎をつけたストラップ攻撃やピックハンマーで攻撃を狙うと、ガソリンをかけたロッキンチェアーにオートンを座らせて火を放ったが、間一髪でオートンが回避。

オートンも鉄製ステップやチェーンで反撃し、終盤にはDDTからRKOを狙ったが、逆にフィーンドにマンディブルクローを決められて炎に追い詰められてしまう。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、オートンが死に物狂いで反転するとフィーンドの背中に炎が着火。

さらにオートンがRKOでフィーンドを沈めると、最後はガソリンをかけたフィーンドを火葬してファイアフライ・インフェルノ戦を制した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事