【新日本】ジュースがIWGP USヘビー級王座挑戦権利証保持者のKENTAを挑発

新日本プロレスは21日、東京・後楽園ホールにて『Road to TOKYO DOME』を開催した。

この日は『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール三連戦の初日を迎え、全6試合が行われた。

第2試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

Road to TOKYO DOME
日時:2020年12月21日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:594人

▼第2試合 30分1本勝負
トーア・ヘナーレ
ジュース・ロビンソン 〇
vs
高橋 裕二郎 ×
KENTA
11分10秒  パルプフリクション→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

ジュース「本当なら今俺とフィンレーが『WORLD TAG LEAGUE』の優勝トロフィーを持って、東京ドームのタッグ王座戦に備えてるはずだった。親友と一緒に東京ドームの花道を歩く姿を夢見てたけど、それも消えてなくなった。頭の傷ひどいだろ? 武道館でKENTAにブリーフケースでやられた時の傷だ。KENTA、おかげで俺は今やる気にみなぎってるぞ! 俺のターゲットはお前一人だ。お前は俺の夢をいとも簡単に潰してくれたな。だから今度は俺がお前が大事にしてる物を奪ってやる。新日本、今ここで宣言するぞ。KENTAの権利証に挑戦させてくれ。KENTAに借りを返さないといけない。あいつの宝を奪い取ってやる! そして次に目指すのはジョン・モクスリー。俺たちの抗争はもう終わったと思ってたか? まさか! 俺たちのライバル関係は永遠に続いていく。USヘビーのベルトは俺にとってのすべてなんだ。いったんタッグ戦線から離れて、今はKENTAサンの権利証だけに向かってく。そしてこの俺がジョン・モクスリーが持つUSヘビーのベルトに挑戦する」

ヘナーレ「最近イライラが募って仕方ない……。今年はすごく厳しい一年だった。もちろん俺だけじゃない、世界のみんなが同じ想いをしてる。でも本来なら『NEW JAPAN CUP』に出場しビッグチャンスを掴むはずだった。ジュースも俺と同じように不満を抱えているのは分かってる。だって『WORLD TAG LEAGUE』優勝あと一歩のところで台無しになってしまった。俺にはジュースの気持ちが痛いほど分かる。もう今年も残りあと僅かだけど、俺はシングルで一勝もできていない。2021年は新たなスタートを切りたい。みんな気づいてないかもしれないけど、今体重を増やしてて、目標は110kgだ。新日本一のパワーファイターを目指してやる。2021年は今以上の全力を尽くしていく。(日本語で)シンニホンプロレスノホンタイ、イチバンマジメ、ガイコクジン! 」

KENTA「いやカバンは!? 俺のカバン! ちょっと、ちょ待てよ。ちょと座れ。座ろうか。いや、カバンは?俺のカバン。いやいや、ロビンソンの気持ちわかるよ? やりたいんでしょいや、いくらロビンソンが言っても、俺ずっと防衛してきたから。あの〜、ジョンモク(ジョン・モクスリー)、何回防衛したか知ってる? (※カメラが首を振ると)2回。俺、何回防衛したか知ってる? 4回、おかしいだろこのねじれ現象! なんだこれ! どういうこと、どんだけ? どんだけぇ~……険しい道のりなの。そんで、ロビンソンが、やろうっつてんの? もう俺も次ジョン……ジョンモクって決めてるから。悪いけど。悪いけど本当に……。もうこれ以上、防衛するのもういいでしょ? そろそろ、ねえ……。だから結局、俺が何が言いたいかっていうと……もうシンプルにそろそろ挑戦させてってこと!!」

※裕二郎はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事