【新日本】飯伏とジェイがドームをにらみ激しくやり合う!KENTAはジュースの挑戦受諾<12.22後楽園>

新日本プロレスは22日、東京・後楽園ホールにて『Road to TOKYO DOME』を開催した。

この日は『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール三連戦の二日日を迎え、全6試合が行われた。

第6試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『Road to TOKYO DOME』
日時:2020年12月22日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:639人

▼第6試合 30分1本勝負
SHO ×
ジュース・ロビンソン
飯伏 幸太
vs
外道
KENTA
ジェイ・ホワイト〇
18分11秒  ブレードランナー→体固め

■KENTAのマイク
「ジュース!オマエの挑戦を『WRESTLE KINGDOM』で受けてやる!」

■ジェイ・ホワイトのマイク
「おい、さっさとリングから出せ!飯伏、あいつはどこだ?おい、飯伏、飯伏、ブリーフケースが見えるか?」

■飯伏幸太のマイク
「おい、ジェイ!俺は忘れてないからな、あのときのことを!みんな、わかってますよね?東京ドーム、あと15日!僕はいつも逃げない、負けない、あきらめない。そして、絶対に裏切らない。そして、本当の神になります」

▼試合後バックステージコメント

ジェイ「外道、今日このTシャツを着てきて正解だったな。よく似合ってるよ」

外道「(※満面の笑顔でうなずく)」

ジェイ「SHOに一発かましてくれたな。『BEST OF SUPER Jr.』ではSHOを優勝候補に選んでるファンが多かったようだが、その優勝候補は今日外道にやられまくってたぞ。後で『新日本プロレスWORLD』で見返してみろ。外道、お守り代わりにこれからもそれ着てた方がいいんじゃないか。まぁ、結果は思った通りだ。何のサプライズもない。大阪で望み通りこのブリーフケースを手にした。ブリーフケースの中には挑戦権利証が入ってるだけじゃなく、同時にブリーフケースを持つ俺がトップに立っているという証でもある。俺はキングスイッチ、ラスト・ロックンローラーだ。MSGを一人の力で完売させ成功させた。全ては俺のものだ。

それから、相手が内藤でも飯伏でも、どっちだって関係ない。昨日内藤にしたのと同じように、今日は飯伏に屈辱を与えてやった。最後にマイクアピールできてよかったじゃないか? それが何だ。飯伏、オマエの頭は俺でいっぱいなんだろ? 大阪でオマエを倒した時のことをもう一度思い出させてやるために、今日は赤のパンツを履いてきたぞ(※と、タイツを示してみせる)。オマエが大事にしてたブリーフケースを、今俺が持ってることが許せなくてイライラしてるんだろ。飯伏、1.4で勝たないと翌日の1.5で俺と闘えないから焦ってるんだろ? でも俺は4回連続でお前を倒す。俺はいつだって有言実行してきた。もうお前ら全員分かってるはずだ。俺の言葉を信じられないってか? お前らがどう思おうが関係ない!」

KENTA「(※カメラに権利証のアタッシュケースを見せて)見た、これ? これ見た? 新しいヤツ。新しいヤツ! 昨日盗まれたから、100均で買ってきたよ。(※ケースを床に置いて)んなわけねぇだろう! 高級なんだよ、これ!(※床に座り、報道陣も座らせて)何で俺が、次はやらないって……次はジョンモクだから、ロビンソンには興味ねぇって、言ってたんだよ、俺。昨日も、ツイッターで……(※英語の発音で)Twitterで、ツイートしたんだよ、『次はモクスリーとやらせろ』って。何で……(※ケースに手をかけるとケースが倒れ、バランスを崩す)あぁっ! 何だよこれ! 100均だから! 何で気が変わったか、昨日1日考えたんだよ。

今年1年、俺を突き動かしてきたもの。それって何だか分かる? あの1月5日の東京ドームの後、(※カメラを見て)オマエらが、(※別のカメラを見て)オマエらが、俺に浴びせてきた屈辱的な言葉たち。それが今年の俺を突き動かしてきたんだよ。ならばだ、東京ドームで始まったもの、東京ドームで清算してやるよ。この1年、テメェら全員黙らせてやろうと思って、この1年、俺はやってきたんだよ。これは、俺とジュースの戦いでもあり、オマエらとの戦いでもあるんだ。東京ドームで、今の俺を見せつけてやるよ。(※立ち上がって)まぁ結局俺が何が言いたいかっていうと、ホントは天山広吉&マスター・ワト組のコメントについてあれこれ言いたいけど、そんな空気じゃなくて残念ってこと!」

ジュース「(※肩を担がれて控室に直行する直前、カメラに向かって)(KENTAよ、)じゃ、東京ドームでな」

飯伏「(※両膝に手をついて、前屈みで)絶対忘れてないから。絶対1・4でベルトを獲って、1・5も絶対に、勝つ。もう、これは決まってることだから。1・4も絶対勝って、1・5にいけるようにしますから。まぁ見ておいてください、試合を。とりあえずは、1・4があるんで。内藤哲也を、ぶっ倒します。以上」

※SHOはノーコメント。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事