【新日本】鈴木軍のラフファイトを耐えて田口が技ありのフォール勝ち!田口「俺らには最強のディーバがいますからね」<12.22後楽園>

新日本プロレスは22日、東京・後楽園ホールにて『Road to TOKYO DOME』を開催した。

この日は『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール三連戦の二日日を迎え、全6試合が行われた。

第2試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『Road to TOKYO DOME』
日時:2020年12月22日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:639人

▼第2試合 30分1本勝負
マスター・ワト
田口 隆祐 〇
天山 広吉
vs
金丸 義信 ×
エル・デスペラード
鈴木 みのる
9分00秒  横入り式エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

天山「オーケイ、カントク!」

田口「昨日はワト、今日は田口。2連敗でしょう?」

天山「素晴らしいわ! 2連勝!」

ワト「これが現実やわ!」

田口「どういうことですか? 昨日、我々の挑戦を受諾してくれたみたいなんで」

天山「これで完全やけどね! 2連勝したら、何も文句言えへんのちゃうの?」

田口「はい。当事者がね、2チームが『やる』『やる』って言ってるんですから、タッグ選手権、決定でしょう、これは。いやぁ最後、うまかったなぁ。金丸、うまかったなぁ。うまく急所に決められたように(見せて)、さすがだね、ズルいね、あれは。急所じゃないから。どどんスズスロウンだから、あれは。腹に入ってるから」

天山「急所じゃないの?」

田口「急所じゃないです。あれは腹に。急所に見せて、アレはさすがですね。あのうまさには気をつけなきゃいけない。急所なんか狙うわけないですよ」

天山「そうやなぁ!」

田口「俺らは正々堂々ですから。正々堂々、挑戦を認めさせましたからね」

ワト「俺たち、『1or8(ワン・オア・エイト)』がIWGPジュニアタッグのベルト、獲ってやる。『1or8』の意味は、俺たち、18歳差、1と8、そういうこっちゃ……!(※と、先に控室へ)」

※田口と天山は、初めて明かされた秘密に顔を見合わせて。

天山「そういうこっちゃ!」

田口「俺らには最強のディーバがいますからね」

天山「ディーバやからね。しっかりと、2人をガッチリ守ってサポートして、あんな曲者同士、カントクとワトが蹴散らして、ベルトだけいただきますよ! 頑張ってください!(※と、田口と握手)ありがとうございました!(※と、先に控室へ)」

田口「(※天山を見送って)最高にセクシーなディーバですね」

デスペラード「(※IWGPジュニアタッグのベルトを2本とも持って登場)オイオイオイオイ! それがテメェらのやり方か! 昨日俺たちはよぉ、『やってやる』つったんだぞオイ! それなのに、その返事がアレか! あーあーあーあー、大したもんだな、何がカントクだ! ダーティープレイじゃねぇか! そんなヤツらに、このベルト任せられると思うか? 東京ドームだぞ? ワト! オマエはもうしゃべるな! つまらねぇよ! な!? これは俺からの愛情表現だと思ってくれ。これ以上、オマエがグズグズグズグズ沈んでいくのを見てるのは、俺は忍びないよ。しゃべるな!」

※鈴木、金丸はノーコメント。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事