【新日本】ファレがKOPWトロフィー破壊を目論むも矢野が身を挺して守る<12.22後楽園>

新日本プロレスは22日、東京・後楽園ホールにて『Road to TOKYO DOME』を開催した。

この日は『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール三連戦の二日日を迎え、全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『Road to TOKYO DOME』
日時:2020年12月22日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:639人

▼第1試合 30分1本勝負
本間 朋晃 ×
矢野 通
vs
チェーズ・オーエンズ 〇
バッドラック・ファレ
7分27秒  パッケージドライバー→体固め

    

▼試合後バックステージコメント

ファレ「このクソトロフィー…」

チェーズ「チクタクって音が聞こえるだろ? 矢野がKOPW保持者でいられる時間も残り少ないということだ。明日…(日本語で)アシタ…」

ファレ「ファン投票の結果は信用できない。不正があったに違いない。本当は全員ボディスラムマッチが見たかったはずだ! 矢野の野郎が何らかの形で改ざんしたんだろう。ボディスラムマッチでもラストコーナーパッドマッチでも最後に勝つのはこの俺だ」

チェーズ「その後で俺が挑戦者に名乗り上げてもいいか? ルールはフレンドリーマッチでどうだ?」

ファレ「とりあえず明日の結果が出てからな」

チェーズ「オーケー。キング・ファレ!」

矢野「バカヤロー! おまえらにな! 子を持つ親の気持ちなんかわかるかバカヤロー!! 子を持つ親はな、強いんだぞオイ!」

※本間はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事