【DDT】「ダムネーション」に合流した元ZERO1・火野裕士が豪快に初陣飾った!

 23日に開催された「クリスマス最終決戦!スカイツリー路上電流爆破プロレス!」で、すみだ健康スポーツセンター内プールでの試合に乱入し、「ダムネーション」に合流した元ZERO1のフリー戦士・火野裕士が豪快に初陣を飾った。

 27日、後楽園大会の第5試合で、火野は遠藤哲哉、高尾蒼馬、マッド・ポーリー(with佐々木大輔)と組み、HARASHIMA、クリス・ブルックス、青木真也、中村圭吾組と対戦。HARASHIMAと豪快なチョップ合戦を繰り広げた火野は、中村を捕獲すると、串刺しラリアットからダイビング・ボディアタックで仕留めた。

 佐々木が「21年、俺はいないけど、ダムネーションがDDTのリングをメチャクチャにしてやる」と言えば、火野は「ダムネーション最高やな。このメンバーで暴れたいと思う。オマエら、よく見とけ!」とアピール。

 バックステージで火野は「新しい仲間と楽しんでいこうかと。このベルト(KO-D無差別級)ほしい。巻いた気がする」と話し、遠藤が持つベルトにも興味を示していた。

 現在「ダムネーション」では、佐々木が肋骨負傷のため欠場中だが、強力な新メンバーの火野が加入したことで、ほかのユニットにとっては非常に厄介な事態に直面したといってよさそうだ。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2021 the FINAL!!
【日時】2020年12月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】未発表(札止め)

〈全試合結果〉

オープニングマッチ 小嶋斗偉デビュー戦 30分一本勝負
○岡谷英樹 vs 小嶋斗偉●
5分59秒 逆エビ固め

第二試合 3WAYマッチ 30分一本勝負
大鷲透 vs ○アントーニオ本多 vs 島谷常寛●
8分15秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

第三試合 抱腹絶倒!年忘れスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
●納谷木七八四郎&スーパー・ササダンゴ・マシン vs 高木三四郎○&男色ディーノ
7分40秒 片エビ固め
※ストーンコールドスタナー

第四試合 30分一本勝負
○樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希 vs 大石真翔&渡瀬瑞基●&松永智充
7分35秒 ブレーンクロー

第五試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&高尾蒼馬&マッド・ポーリー&○火野裕士with佐々木大輔 vs HARASHIMA&クリス・ブルックス&青木真也&中村圭吾●
12分56秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス

セミファイナル KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>彰人&平田一喜&○翔太 vs 勝俣瞬馬&MAO&上野勇希●<挑戦者組>
12分53秒 雁之助クラッチ
※第42代王者組が初防衛に成功。

メインイベント D王GRAND PRIX 2021優勝決定戦 時間無制限一本勝負
<Aブロック1位>●竹下幸之介 vs 秋山準○<Bブロック1位>
23分29秒 TKO勝ち
※変形アームロック→レフェリーストップ。秋山がD王GRAND PRIX2021優勝。

〈写真提供:DDTプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事